2006年12月12日

アカマツと祠と暮らし

■里山では若葉が萌え出ずる、5月中旬の出来事。

若葉が萌える

■「家の近くの山にアカマツがあるんだ。子どもの頃から『気仙一』の大木と聞いてきたんだよ。ずっとずっと、そのアカマツまで行ってみたいと思っていてさ。一緒に行ってみないか?」と、森の案内人のYさん(ちなみにYさんは、子ども頃は野山を駆けめぐっていたという50代後半の素敵なおじさまです)。
■気仙地方で一番とはすごい!では行きましょうと、子ども頃からYさんが見続けてきたアカマツを目指すことになったのです。

目標のアカマツ
【写真】これが目標のアカマツ。本当に気仙一なのかしら・・・・?

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:30| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

天南星の湿布

■「書こう、書こう」と思っていた、おじさま方から見聞きした「暮らしの中の植物」のお話を少しずつメモしていこうと思います。

■まずは、てんなんしょう(天南星)の湿布。

マムシグサ
【写真】こちらはマムシグサ。おじさま方が呼ぶ「てんなんしょう」とはマムシグサを指しているのかは不明。

@根っこに塊があるので、それをスライスする
A火であぶる
B布と布の間に挟む
C吹き出物にあてる=湿布

■50代のおじさまがこの話をして、同年代の方々で盛り上がっていました。時間がある時にさらに調べてみます。
■ただし、マムシグサは有毒植物です。触っただけでも激しい痛みを生じる例もあるそうなので、お気をつけ下さいm(__)m

※あくまで伝聞ですので、正しいかどうかは分かりません。あしからず。
【調査中】

マムシグサの実
【写真】マムシグサの実。いかにも毒々しい赤が、秋の森でよく目立つ。

ラベル:マムシグサ
posted by happyisland at 01:27| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

サワグルミの歴史

■「サワグルミ」という木をご存じですか?うちの町では「カァグルミ」とも呼ばれています。
■カァグルミの「カァ」とは川の略なのでしょう。その名の通り、沢沿いで数多くのサワグルミと出逢えます。種山の森でも例外ではありません。

■サワグルミを見上げると、すくっと幹を伸ばして立つ姿に、ついつい自分の背筋も伸ばしてしまいます。

開葉の頃

川に寄り添って

秋に向かう頃の姿

■さてさて上の写真は、町内の様々な場所で撮ったものです。共通する「姿」にお気づきでしょうか?
■おまけで、種山の森の写真を。

サワグルミの幹

サワグルミの幹

■そう、同じ場所から数本の幹を立ち上げているのです。
■実は・・・・この姿から、サワグルミの歴史が偲ばれるのですよね(^^)

【サワグルミの歴史とは?〜クリックして続きを読む】
ラベル:サワグルミ
posted by happyisland at 23:52| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

フキの葉の巾着(動画)

■ブログの技術も日々進歩していて、ついて行けない今日この頃・・・・
■以前から試してみたかったYouTubeを使って動画をアップしてみます。

■まずは、以前にご紹介した「フキの葉を使った巾着づくり」。案内人のYさんに教えていただきました。
■こういうのって、動画の方が分かりやすいですよね(^^)V



■2枚の葉を重ねて作ります。片方の葉の葉柄を、もう一方の葉の付け根に差し込んでおくことがポイントです。ひも状のモノは、フキの葉柄をむいて作ったもの。

■森でキイチゴなどを摘み、フキの巾着の中に入れて持ち帰ったとの事。ビニール袋に比べて、ずっとエコなのではないでしょうか?

s050717-579C.jpg
【写真】住田町の森でもたくさん見つかるモミジイチゴ。キイチゴの代表格

■子どもの頃、野山で遊んだ案内人のおじさまと一緒に森を歩くと、森の中にある自然のモノを使って、道具や遊びを作り出してくれます。
■無から有へ。何も無いと思ってしまいがちな場所にも、多くの「楽しさ」が潜んでいることに驚きます。
■おじさま方は「昔は、何も無かったからなぁ〜」と決まって言うのですけど。

■こういうのって、小さい子は大好きなのですよね。単なる葉っぱ2枚から巾着ができるなんて、ちょっとした魔法にかけられた気分です。

ラベル:昔の遊び フキ
posted by happyisland at 23:11| 岩手 | Comment(6) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

種山のツツジ

■種山ヶ原森林公園の見どころの一つは、初夏を彩るツツジの群れです。今年は、最新情報でお伝えできずに残念無念でしたm(__)m
■例年は6月から、3種類のツツジがが楽しめます。

■春から夏へと季節の移ろいを種山に告げるのは、ピンクの艶やかな「ムラサキヤシオ(紫八汐)」です。

ムラサキヤシオ

■今年は、たくさんの花をほころばせるムラサキヤシオに出逢いました。当たり年だったのかも。

s060604-052.jpg

s060604-207.jpg

■気温が上がり、動きが活発になった虫たちも集まってきます。蜜を目指してごそごそ。

s060604-214.jpg


【レンゲツツジとヤマツツジ〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:11| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ゼンマイ 男と女

■GW中に、案内人のおじさまと山へ行った時のこと。1年ほど疑問にしていた問題が解決しました。

■山の幸として有名な「ゼンマイ」。男と女があることを皆さんはご存じですか?
■町内のおじさまと山へ行くと、ゼンマイを見て「これは男ゼンマイ」、「こっちは女ゼンマイ」と区別するのです。

ゼンマイその1
▲女(だった気がする・・・・)

ゼンマイその2
▲これは女

ゼンマイその3
▲男が多数

【男ゼンマイと女ゼンマイとの違いは?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 23:38| 岩手 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

紫珠

■「あぁ、自然は何て美しい色を創ったのだろう」と、秋に彩られた森で感嘆することがあります。個人的には、その代表格が、ムラサキシキブの実です。
■先日、森の案内人の皆さんと町内の雑木林へ分け入ると、雨の中、ムラサキシキブの実が静かに微笑んでいました。

051023ムラサキシキブ1.jpg

051023ムラサキシキブ2.jpg

■紫珠(しじゅ)とも呼ばれるムラサキシキブの実。紫式部という名も相まって、小さく可愛らしい紫に魅せられます。

■ムラサキシキブを写真に収めていたところ、案内人のおじさま曰く。「ムラサキシキブは、鹿踊りで使う太鼓のバチに使ったんだよな。堅くて、よくしなるんだ。この木はちょうど良い太さだなぁ」。

鹿踊りって?【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:49| 岩手 | Comment(6) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

残されたブナと山道

■今日は種山の森を飛び出して、町内の森に設定された調査地を巡りました。そこは、FSC森林管理認証を取得した森です。
■「FSC森林管理認証」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。簡単に言うと、利用と保全を両立させていくように森を管理する取組みです(詳しくは下記サイトをご覧下さい)。
※ちなみに、種山の森も大部分が森林認証を受けた森になっています。

■認証された森では、定期的に植生を調査している場所があります。自分たちの山の移ろいを、長い目で観察する試みですね。
■今年からその植生調査を、森の案内人の方々にお手伝いいただくことになりました。今日は、その調査地へ足を運んだのです。

■前置きが長くなりました(^o^;

■本題は「ブナ」のこと。大きなブナが残っているとは聞いていましたが、五葉山以外で出逢ったのは初めてのこと。

残されたブナ.jpg
【写真】写真の左下から右上へ枝葉を広げるのがブナ

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:18| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

オニグルミの実を食べる

アケビに続いて「お裾分け山の幸シリーズ」第2弾は、オニグルミの実です。そう、胡桃ですね(^O^)/

いただいたオニグルミ.jpg

【オニグルミを食するには?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 01:05| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

クリを生食

051008クリの実.jpg

■先週末、森の案内人講座での出来事。町内のおじさまが、森に落ちていた栗の実を拾って渋皮をむき、「ほれ、食べてみな」と生のままで渡してくれました。
みつばちプロジェクトさんにコメントをいただいた通り、栗の実を生で食べられることは、おじさまから前に聞いていました。ただ、食べるのは初めての経験です。

■さて、お味は・・・・ポリポリとした食感とともに栗の淡い味がして、美味しかったですよ(@^0^@)

■50代のおじさまは子供の頃、山へ行く時にはナイフを持ち歩き、栗の実が落ちるこの時季、おやつとして生のまま食べていたそうです。
■ただし、食べ過ぎると「かさかく」との事。これは、皮膚病の一種だとおっしゃっていました。いろいろなお話を聞く度に、山の幸は、適度に食べるべきだと思い返します。
■また、「山の高い所で実る栗の方がオイシイ」というお話も聞きました。そんなにお味が違うのかしら?



■先日、森林インストラクターのYさんから栗の実をお裾分けしていただきました。しかし、ゆでることなく生のままで保管しておいた実は、あっという間に虫に食べられてしまいました・・・・
■後日お話したところ、生栗は、すぐに茹でるか冷凍保存しないと多くの実が虫に食べられてしまうそうです。経験の無い僕は、山の幸に驚くばかり。

■森では秋が深まり、食欲の秋が満開です。

050927クリ.jpg
【写真】9月下旬頃に撮影

041121クリのタ.jpg
【写真】冬の足音が聞こえてきそうな頃のクリのお姿

◎トラックバック・ピープル:”秋”を感じたら
posted by happyisland at 02:20| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

アケビの実

■「秋霖」という言葉が思い浮かぶほど、岩手ではぐずついた天気が続いていました。気がつけば日中も足下が冷えて、深まる秋を体感しています。
■何はともあれ、やはり秋は「食」ですよね。嬉しいことに、ここ数日、町内の方から山の幸をいただいております(n_n)v せっかくなので、「お裾分け山の幸シリーズ」を書きます!

アケビの実.jpg

■本日いただいたのは、アケビの実。春、アケビの花を教えてもらったおじさまに持ってきていただきましたm(__)m

【アケビのお味は?アケビの花って?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:47| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

エンレイソウの実

みつばちプロジェクトさんコメントをいただいて思い出しました。ブナの実は、稜(そば)があり食べられることから、地方によっては「ソバグリ」や「ソバグルミ」と呼ばれるようです。

■「ソバ」からさらに思い出したのが、エンレイソウの実。町内のおじさまから「子供の頃に山で、エンレイソウの実をおやつとしてよく食べたんだよ。ソバの実に形も似ているしさ」と聞いたことがあります。
■エンレイソウの仲間は、古くから「ヤマソバ」という名で親しまれてきたそうですよ。

エンレイソウ_all.jpg
【写真】花をほころばすエンレイソウの姿

【エンレイソウは有毒〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 23:55| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

造形美

先日投稿した蜂の巣と格闘してきました・・・・完全防備で行きましたが、初めての経験で怖かった。
■「蜂の巣があるのは当たり前。それが自然」という声もありましたが、あれほど散策道に近いと、来られた方々が襲われる危険性もあるので仕方がない。

■それにしても、蜂の巣の形にはつくづく感心しました。
ハチの巣.jpg

■規則正しい六角形。まさに自然が生み出した造形美でしょうか。

■帰り道、「昔は、蜂の子をエサにして釣りをしたなぁ〜」との先輩談。
■そこで思い出したのは、先日、50代のおじさまから聞いたお話です。イワナは非常にどう猛で、カエルやネズミ、さらにはヘビまで食べるといいます。そのイメージがあるのか、この辺の人は、あまりイワナを食べないそうです。骨が硬いことも手伝っているようですけれど。

■個人的にはつい先週、さばいたマムシを洗って焼く経験もしました。
■何だかブラックな投稿で気分を害する方もいらっしゃるかもしれませんが、僕自身は最近、「いただきます」の言葉が心に響いています。

posted by happyisland at 21:59| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

サワガニ

■先日、森の案内人のおじさま方と再び種山の森を飛び出して気仙川へ行きました。帰り際、少々寄り道をして、ある生き物を探しに沢へ入りました。
■ある生き物とは・・・・いました、いました(≧∀≦)/

サワガニ1.jpg

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 01:46| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

盆花(ぼんばな)

■初秋の種山にて町内のおじさまから、盆花(ぼんばな)のお話を聞きました。
■そもそも盆花とは、先祖の霊を迎えるため、お盆に山へ出かけて採ってくる花のようです。最近は、造花が多くなってきたのかな?

■この盆花。地域によって、山から採る花の種類が異なるようです。
■住田町のある地域では、キクイモやオミナエシの花を採り、お墓に供えたと聞きました。

オミナエシ_Fup.jpg
【写真】小さなオミナエシの花にイネ科(?)の草が絡みあう

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:35| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

ツキテッポウ(突き鉄砲)

■森の案内人のおじさまが足を止め、何やら植物の茎を切り取りました。
■手にしたのは、春の山を黄金に染めるヤマブキ(山吹)。この茎には、白い芯(髄)が通っています。別に切り取った茎の先を使って押し出すと、「ポンッ」という音とともに白い芯が飛び出します。

ヤマブキの髄.jpg

押し出す様子.avi ←クリックすると、芯を押し出す様子が動画で見られるはず。

■ヤマブキの芯は、まるで発泡スチロールのよう。
■この芯を短く刻んで、鉄砲の弾にして遊んだそうです。鉄砲の本体(銃身)は細い竹。刻んだ弾を口でなめて粘り気を持たせ、茎が空洞である竹に詰め込み、突き出して飛ばしたそうな。
■ちなみに竹の種類は、「シノダケ」とおっしゃっていました。実物は分かりません(^-^;  次の機会に教えていただきましょう。
■このヤマブキの芯を弾にした鉄砲は、「ツキテッポウ」と呼ばれる子供の頃の遊びだったそうです。

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 02:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

オニグルミが熟す前に;おやつ編

■秋の匂いが漂い始めた種山の森。そうそう、オニグルミの宿題があったことを思い出しました。
■地面を見渡すと・・・・早く落ちてしまったオニグルミの実はすでに黒く変色していました。青い実を探して、森の案内人の方に割っていただきました。

オニグルミ_お盆過ぎ.jpg
【写真】青い実を割ったところ。中には白いタネの部分が!

■50代の方によると、この白い部分をおやつにして山で食べていたそうな。生食です。お盆を過ぎて落ちた実は食べられるとも聞きました。
■確かに、ほんのりとくるみの味がしましたよ)^o^(

■この白い部分は、専門用語で「子葉」というタネの一部だと思います。芽生えの際、一番初めに地面へ顔を出す葉っぱですよね。単子葉植物とか、双子葉植物とか呼ばれるあの「子葉」のこと。オニグルミのタネは、この子葉に養分を蓄えると本で読んだことがあります。確かに、葉っぱのような形をしている?
■ネットで調べたところ、この白い子葉には、血液中のコレステロールを減らす働きがあるそうです。ただし、食べ過ぎには注意とのこと。

■ここまで食べたら、コメントに寄せていただいたお正月のくるみ餅までレポートしたいな
(^〜^)

【本ブログ内の関連記事】
(8/17)オニグルミが熟す前に

posted by happyisland at 16:17| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

オニグルミが熟す前に

オニグルミ_夏.jpg

■沢沿いでよく見かける大きな葉っぱと大きな実。住田町では「くるみ餅」として使われるオニグルミの実も、今はまだ熟す前。青い実がたわわに枝からぶら下がっています。

■「子どもの頃、熟して落ちる前に実を採って、中に入っている白い部分を食べた」と町内のおじさまから教えてもらいました。

オニグルミのタ.jpg
【写真】オニグルミを試しに割ってもらったところ

■試しに一つ、実を割ってもらったのですが、「食べるにはまだ早い」とのこと。
■ちなみに熟す前とはいえ、実は十分に固い。実の中身を取り出すのもなかなか大変です。また、実の中身に触れると手が真っ黄色に。

■僕自身、季節を通じてオニグルミの実をこの目で見たことがありません・・・・子どもの頃に食べたという「白い部分」とは、どういうものなのか?小さな疑問がまた一つ増えました(^-^;

posted by happyisland at 23:55| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

スグリ(酸塊)の仲間

■フサスグリの実が赤く熟しています。緑が濃い季節に火照った小さな赤。ハッとさせられました。

フサスグリ_タ.jpg

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 23:04| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

フキの葉の巾着

フキの2枚の葉.jpg

■フキの葉を2枚重ね合わせて巾着を作る・・・・?

フキの葉で作った巾着とは?【クリックすると続きが読めます】
posted by happyisland at 23:34| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。