2007年01月04日

杣田美野里さんの写真展

■イベント情報です。とはいっても、岩手県ではありません。東京です。
■個人的に大ファンである杣田美野里さんの写真展が池袋のジュンク堂で開催されるそうです。

写真展のご案内

東京池袋のジュンク堂書店さんの7階壁面を御借りして新春早々ささやかな写真展を行います。お近くにおいでの節はお立ち寄りください。テーマは「負けないミズバショウ」です。

◎期間 2007年1月6日〜2月5日
◎場所 ジュンク堂書店池袋本店7階
■まるで大好きな人が喜怒哀楽を見せるように、植物たちが多彩な表情を浮かべる。そんな写真が大好きです。それはきっと、撮影者の想いが植物たちに写り込むからではないかと考えます。
■愛し続けるということ。とても難しいことだけど、杣田さんの写した植物たちは、本当に素敵です。

■写真の技術的なことは分からないのですけどね(^-^; 僕もいつか、そんな写真を撮りたいなぁ〜と思っています。

■お近くの方は、ぜひぜひ(^O^)/


◎杣田美野里さんの本をご紹介










杣田 美野里, 宮本 誠一郎, 佐藤 雅彦 / 山と溪谷社





※種山の森がきっかけで教えていただいた本は、ふみぐら@種山ヶ原にまとめています。
(現在、162冊収集)

posted by happyisland at 23:10| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

今年もよろしくお願いしますm(__)m

年賀状

※縦書きの文は、星野道夫『旅をする木』より


星野 道夫 / 文藝春秋



posted by happyisland at 09:29| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

アカマツを探してみると・・・・

■先日の記事で、アカマツについてのコメントをはもようさんからいただきましたm(__)m
■「そう言われてみると、アカマツに気をつけて山を歩いたことって少ないな・・・・」と考え、町内の山を回った機会にアカマツを探してみました。

■まずは、スギの植林地にて。

スギの植林地にて
▲皆伐跡地に5年前にスギを植栽した場所です。陽が燦々と当たります。砕かれた岩の間から顔を覗かせているのは・・・・

健気なアカマツ
▲アカマツの子供たちが顔を覗かせています。スギが伐られて裸地になってから芽ばえたのでしょう。

ちょっぴり大きなアカマツも・・・・
▲周りを探すと、背丈を伸ばしたアカマツも見つかりました。

りすが!
▲おっ!残されたアカマツの脇で動物の気配が・・・・分かりますか?ニホンリスに出逢いました(^^)/ こんな開けた場所にいて、大丈夫なのでしょうか?

森のエビフライ
▲リスとアカマツと言えば・・・・「森のエビフライ」ですね。これは、リスがアカマツの松ぼっくりを食べた跡です。3/11に撮影。

※今日は疲れたので、続きはまた次回に・・・・m(__)m
ラベル:アカマツ
posted by happyisland at 01:20| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

にらめっこ

あっ!

近づいても・・・・

余裕だねぇ

■11月、種山の麓で出会いました。

■カモシカって、ホント、逃げないのですよねぇ。
■シカが群れを作る一方、カモシカは単独で行動することが多く、縄張りを持つそうです。縄張りの中に他のカモシカが入ってきたらすぐ追い払うのに、シカなどの他の動物が入ってきてもお構いなしとの事。
■森の案内人講座にお越しいただいた、カモシカと真摯に向き合われているY先生に教えていただきました。

■カモシカの顔にも、一頭一頭に特徴があって、よく観察していれば見分けられるそうですよ。

続きを読む
posted by happyisland at 00:24| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

しるし

■久しぶりに実家へ帰省した。
■午前0時を過ぎても駅のホームには人が溢れる。いつの間にか、4本の高層マンションが空へ突き出している。青空だってくすんでいる。でも、やはり、何とはなく懐かしい。

■実家の門を抜け、真っ直ぐに進むと小学校へ突き当たる。歩いて数分の距離。僕の通った小学校だ。
■岩手の山々の落葉樹たちは、すっかり冬支度をしていたのに、小学校のケヤキやサクラは秋色の葉をまとっている。
■季節の違いを実感しながら、かつてよく遊んだ校門の奥へと視線を移す。ちょっぴり、ギョッとした。
■子供たちの遊ぶ姿は昔のまま。しかし、子供たちを見守る視線が一つ増えている。周囲に目を配るガードマンのおじさん、である。
■「仕方が無いのかな・・・・子供たちはどう思うんだろうな・・・・すっかり当たり前なのかな・・・・」とひとりごちながら、校門から実家に続く道へと入った。

続きを読む
posted by happyisland at 23:25| 岩手 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

森の写真館

■ちょぼちょぼ更新する日々ですが・・・・
■森の写真館をfotologueさんに移転しました。少しずつですが、我が町の森で撮影した写真をアップしていくつもりです。

■まずは引き続き、かたくりの物語。これは、散策会が雨天時だった場合のプログラムのネタでもあったりします。

■それにしてもこのfotologueさん、トップページの写真を毎日見るだけで、皆さんの写真にため息が出ます。とてもとても素敵です。

■カメラが壊れていて(T_T)、あまり写真を最近は撮っていないのですけど。もっと種山の森を歩きたいし(-.-;)y-~~~

■そう言えば、『定時に帰る仕事術』という本を購入しました。仕事の効率を上げて、定時に帰って、もっと写真を楽しむ時間を作りたい。そうしよう(^-^)
posted by happyisland at 23:42| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

暮れなずむ

■ハハハ・・・・6月は一度も投稿せずに過ぎてしまいました(/--)/ 業務多忙な上に物ぐさな性格が加わって・・・・少しずつ、貯まったネタを投稿していきますm(__)m

■種山ヶ原は、美しい夕陽を眺められる場所として有名なようです。最近、心が吸い込まれそうな夕陽に幾度か出逢いました。

060624yuugure1.jpg

060624yuugure2.jpg

■案内人講座の講師としてお越しいただいたYさんは、「いつまでもずっと、眺めていたいですね・・・・」とおっしゃっていました。本当に、そうですね。
■折り重なる山並み。暮れなずむ空。一期一会の風景にちっぽけな自分が溶け込んでいきます。

060624yuugure3.jpg

060624yuugure4.jpg

■さあ、明日も頑張ろう。

posted by happyisland at 21:15| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

里の山桜

■日本人は桜が好きだ。春の足音とともに桜の樹を見上げ、満開の桜に春を実感し、桜吹雪が時の流れを知らしめ、感傷的になったりする。

■先日、北上展勝地に足を運んだ。もう満開の時季は過ぎていたけれど、染井吉野のトンネルは眩しいくらいだった。沢山の人々がGW中にこの地を訪れるのも分かる気がする。

染井吉野を見上げて

■一方で、私の住む住田町の桜も面白いと思う。
■耕地面積が3%と、切り立つ山々に囲まれるこの町は、清流気仙川沿いの道路に集落が点々と続く。
■家々には、桜の樹が植えられていることが多い。一本ずつが多いとはいえ、その種類は様々であるように思う。
■交通の便が良くなったのは、そう昔のことではないはず。桜を愛する人々は、この地へ訪れる旅人に珍しい品種の苗木を頼み、まだ見ぬ美しい花を思い描きながら庭々へ桜を植えたのではないか・・・・そんな妄想をしても面白い。

■田には水が張られ、緑のさし始めた里山に山桜を見つけた。

里の山桜

■付近には杉が植えられている。杉を植えたが成長が悪く、雑木の山に変わったのか、はたまた地力に乏しく植林をあきらめ、雑木の山が残されたのか。
■とにかく、山桜はたくましく春を告げていた。

オオヤマザクラかな?

【2日後〜クリックすると続きが読めます】
posted by happyisland at 22:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

紅の息吹

■まだ寒さの残る住田町ですが、里では、春の足音が確かに聞こえています。

■昨年から、とても気になっていたカツラの大木があります。車窓からふと目を向けると、枝々を真っ赤に染めていました。

紅の息吹その1

紅の息吹その2

【「赤」の正体は?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:36| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

夕轟く

060324夕轟く.jpg

■夕暮れ時。朱色の空に、雪解けの進む雑木山の影絵が浮かんでいました。
■草木が再び息づく如月とはいえ、岩手はまだちょっと早いかな。夕色が、春への恋しさを胸に灯します。
■あぁ〜、早く春が来ないかなぁ。

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 22:47| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

炭焼き体験講座

■去る3月4日〜5日にかけて、住田町大股地区で炭焼き体験講座が開催されました。ちなみに大股地区は、かつて炭焼きがとても盛んだった場所。種山ヶ原森林公園も大股地区に含まれます。

■舞台は、地域の皆さんの手で旧小学校の校庭に作った炭窯。そして、地域の皆さんの笑顔が、遠くは首都圏からお越しいただいた参加者をお迎えしました。

炭窯.jpg

【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 01:37| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ブナを探しに

■「ブナの木が残っている所へ連れてってやるから。明朝、車で迎えに行くから」。町内のおじさまから電話が唐突にかかってきたのは昨晩。そう言えば、そんなお話をいただいてました(⌒‐⌒)
■今日は、種山の森を離れて町内の山へ。ブナを探しに秋色の森へ。

051106風景1.jpg

051106風景2.jpg

【ブナは見つかったのか?〜クリックすると続きが読めます!】
posted by happyisland at 00:53| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

マユミの想い出

■種山の森では、今、薄紅色に染まった亜高木が目に留まります。その正体は、枝々に多くの実を結んでつり下げるマユミの木でした。

051026マユミの実.jpg

続きを読む
posted by happyisland at 23:30| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

たんぽぽ

幾度となく踏みつけられようとも、
異国からやって来て厄介者扱いされようとも、
たくましく陽気に微笑むたんぽぽ。

やがてフサフサの頭に姿を変えて、
新たな旅へと風に乗る。

たんぽぽのようになれたらいいのに。

セイヨウタンポポ_返り花.jpg
【写真】12月、寒々とした枯れ草色の世界に、セイヨウタンポポの返り花が黄色のランプを灯していた。


エゾタンポポ.jpg
【写真】岩場からたくましく立ち上がるエゾタンポポ(?)。北海道にて撮影。


セイヨウタンポポ_綿毛.jpg
【写真】新たなる旅立ち

※センスがなくてすみません(^_^;

心に残る花への手紙:Flower Blog Ring 第一回TB企画
◎詳細はこちら

posted by happyisland at 00:49| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

二つ折りの恋文

■ひとりごとです。
■子供たちと種山の森へ行くようになってから、蝶やとんぼが気になり始めました。全く興味なんて無かったのに・・・・子供らは、動くものが大好きですから。

■そんな気になって家の周りを見渡すと、いるものなのですね。ちょっぴり損していたかもしれない(^-^;

051012キタテハEC.jpg
【写真】キタテハでしょうか?

051012キタテハ.jpg
【写真】吸蜜中のよう


■さらにその気になって、蒼樹書房さんが店終いされた時に購入した日浦勇さんの『海をわたる蝶』を、本棚から取り出し読み始めました。第1章は、イチモンジセセリのお話から始まります。
■数日後、偶然にも玄関先で、イチモンジセセリらしき蝶に出逢いました。日浦さんが、水田の影響によって分布が北に広がったのではないかと描いた蝶です。

051012イチモンジセセリEC.jpg

051012イチモンジセセリ.jpg
【写真】くりっとした目がとても愛らしい

■あなたの親は、今年の夏に南からやって来たの?あなたは、冬越しできず、子孫を残すことなく去っていくの?
■こんな身近に蝶の物語が織りなされていたなんて。えっちらおっちら、世界を広げていこう。

◎蝶に関する本をご紹介


日浦 勇 / 講談社(2005/07)

■一読して「素敵な本だなぁ」と思う。■時間と空間を行き来しながら、さらには、人の営みと結びつけて蝶の物語を紡ぎ出す。土台は、科学的思考だ。こんな本が、30年以上も前に書かれていたなんて。■電車の中で発想が浮かんだもののメモ帳を持ち合わせておらず、慌てて切符の裏に書き記したが、その切符をやむなく改札口で渡さざるを得なかった。そんな著者のエピソードを聞いたことがある。不断の努力と優しい眼差しが生んだ蝶の自然史学。■もう図書館でしか読めないと思っていたら、文庫で出版されました。講談社さん、ありがとうm(__)m




猪又 敏男 / 北隆館(1990/03)

■学芸員のSさんに教えていただいた蝶の図鑑。とにかく蝶の姿と分布が網羅されているので、まずはこの図鑑をめくって写真と見比べています。



※種山の森をきっかけに教えていただいた本は、ふみぐら@種山ヶ原にまとめています。
(現在、63冊収集)

◎トラックバック・ピープル:身近な生き物
posted by happyisland at 23:40| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

スズメバチのことなど

■「今年はスズメバチが例年の2倍以上発生している」とNHKのニュースで流れていました。全国で被害も多発しているようです。
■専門家の方は、「来月上旬までは巣に近づかないように」と警告していました。ただ散策中に、スズメバチの巣を発見できた場合はよいのですが、必ずしも見つかるわけでもありませんよね。

■森の案内人講座などで教えてもらったのは、
@ハチが飛んでいたら、慌てないで、速やかにその場を立ち去る
Aむやみにヤブの中へ踏み込まない
です。ハチが敏感な秋は、特に要注意ですよね。

■種山ヶ原森林公園では、散策道の草刈りが年に数回行われているので被害に遭う確率は少ないと思いますが、くれぐれもお気を付け下さい。

※写真を整理していたら、昨年の冬に町内で撮影したハチの巣が見つかりました。キイロスズメバチの巣でしょうか?こんな感じです。

スズメバチの巣.jpg

スズメバチの巣up.jpg

【本ブログ内の関連記事】
■最新情報>(9/23)ハチにご用心 ←予防策を書いています
posted by happyisland at 20:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

タイトルの写真を変えてみました

■カウンターが1,000を突破しました。まだまだ不完全ですが、ご覧いただいている皆様に感謝ですm(__)m
■ちょっぴり、ブログの名前とタイトルの写真を変更しました(^-^;
■タイトルの「種山ヶ原森林公園へ」をクリックすれば、ブログの冒頭へ戻れますのでご活用下さい。

■今後は、もっともっとブログの輪を広げていきたいと思っています。更新もまちまちですが、末永くお付き合い下さい。そして何より、ぜひぜひ種山ヶ原森林公園へお越し下さい(^O^)/

posted by happyisland at 15:43| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

POQUEの設置について

■今週末は、すたーうぉっちんぐ2005種山ヶ原と夏の散策会が開催されました。種山の森は、多くの人で賑わったようです。夏休みですものねぇ。

■標題の通り、"POQUE(ポッケ)"を設置してみました。右下にある「過去ログ」欄の下を見てみてください。
■これは、本ブログに最近投稿された写真をスライドショーしてくれるもの。気になった写真がありましたら、クリックすると該当記事に飛べます。ご活用下さい。

※"POQUE"にご興味のある方は、. BLOG ドツトブログのページをご参照下さい。

■僕も散策会に行ってきました。種山の森は高い位置にあるので、夏はとても過ごしやすい!改めて実感しました(⌒‐⌒)
posted by happyisland at 21:23| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

ブログに関するお知らせ

ブグログ-WEB本棚サービス-を使って「ふみぐら@種山ヶ原」を作ってみました。森の保育園や森の案内人講座で教えていただいた本をデータベース化することが目的です。何かと便利・・・・?恒久的だと考えたので、リンクにも追加しました。

種山ヶ原森林公園ブログでやりたいこと by happyisland
カテゴリの整理
森林公園の紹介とみどころを書く
メールフォームの作成
メールマガジンの発行
アフィリエイトの活用
種山ヶ原森林公園内の東屋とブログでの「小さな写真展(仮称)」同時開催
共有ブログの輪を広げる
スムースな引継 → HPへ移植?
とにかく、ゆっくり、末永く、気の向くままに。

posted by happyisland at 15:16| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。