2005年06月23日

自然と人が交感する種山ヶ原

■「森の保育園」カテゴリの記念すべき初投稿にあたり、世田米保育園・吉田光也園長に寄稿していただきました。先生、ありがとうございますm(__)m
■実はこの文章をいただいて、じっくりと読んで、かなり感動してしまいました。「森の保育園」を現場で実践される考え方と想いが、しっかりと伝わってくるからなのでしょう。
■ぜひぜひ、全文をお読みいただければと思います!




「自然と人が交感する種山ヶ原」

  町内の保育園で取り組んでいる「森の保育園」をご紹介したいと思います。この活動は「自然や動植物への関心を持ち親しむことを通して、豊かな心情の醸成に努める」ことが目的です。これは、豊かな自然のなかで育まれる「自然保育園」の考え方でスウェーデンの「森の幼稚園」をモデルとしています。子どもたちは、川遊びや落ち葉拾いなど四季を通じた日々の体験活動の集大成として、宮沢賢治作品の舞台となった種山ケ原で四季の移ろいを実感しています。

050520-114057s

【写真】5/20に行われた森の保育園より、住田高校のボランティアの方と手をつないで


【クリックして続きをお読み下さい】
posted by happyisland at 23:31| 岩手 | TrackBack(0) | 森の保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。