2006年11月30日

本・DVDの紹介「種山ヶ原の夜」

■ずぅ〜っとご紹介したかった本とDVDです(^O^)/


宮沢 賢治, 男鹿 和雄 / スタジオジブリ




/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(2006/07/07)


※公式サイトはこちらです。

■もともと宮沢賢治の「種山ヶ原の夜」は、劇のために書かれた脚本形式の作品です。観劇できれば良いのですが、台詞が繰り返される本は取っつきにくいと思っていました。
■ご紹介させていただいた本とDVDは、賢治作品「種山ヶ原の夜」を土台に、男鹿和雄さんが絵と文で親しみやすく現代に蘇らせてくれた絵本(DVDは紙芝居形式)となっています。

■「種山ヶ原の夜」という作品に、新たな命が吹き込まれた印象を受けました。

■個人的にとても感動したのは、種山ヶ原を巡って見聞きした世界が、絵本やDVDに溢れていたことです。
■異空間に迷い込んだかのような種山ヶ原の雰囲気、種山の麓で炭焼きを生業としていたお爺さまのお話、人と自然が暮らしを通じて密接だった頃に広がっていたであろう世界。「種山ヶ原の夜」という<物語>が持つ力はすごいのですねぇ。

■絵も素敵なのです。特にも、絵本の途中で見開きになる種山の風景画には、「あぁ、種山ヶ原だ!」と見入ってしまいました。
■このブログでは、種山の写真を紹介していますが、写真って、明確すぎてイメージが限定されてしまうのですよね。絵には、想像を働かすための余白がある。絵って、すごいです。

■DVDは、紙芝居風に絵が移り変わり、岩手の言葉で作品が語られていきます。
■土地の言葉には雰囲気があります。この「音」とともに作品を楽しむこともまた格別だと思います。
※先に開催した森の案内人講座で、お招きしたU先生にDVDをご紹介いただきました。講座参加者の地元の方も、岩手の言葉で進む作品に「半分くらいしか分からなかった・・・・」という人もいましたが・・・・(^_^; ちなみに字幕付きバージョンもあります。

【続きを読む】
posted by happyisland at 23:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

イベント:布草履作り体験&ふるさとの食作り体験

住田町のぬくもりを体験しよう!
かま餅づくり…布ぞうり。
あなたも田舎のぬくもりを作ってみませんか?
ちょっとお洒落な布ぞうり素朴な郷土の味、かま餅おふくろの味の汁物

■イベントの情報です。
■住田町で地域づくりやグリーンツーリズムを進める「もさばロハス倶楽部」さんでイベントが企画されています。
■イベントの詳細や申込み方法は、コチラ(ホームページ)orコチラ(ブログ)をご覧下さい!



 素朴で懐かしい味のかま餅と、ちょっとお洒落に布を使ったぞうり作りを体験できます。伝統的なふるさとの味、民芸品づくりを体験したい方大募集中です!もちろん初心者、お子様(11歳以上)大歓迎です!

○ 日時:12月10日(日)
 ★食の体験(かま餅づくりと郷土の汁物作りの体験)10:00〜12:00
 ★民芸品づくりの体験(布ぞうり作りの体験)13:00〜15:30 
○ 会場:上有住地区公民館(住田町役場上有住支所)
○ 講師:上有住地区の皆様
○ 体験料
 ★食の体験1000円(材料費・講師料含む)
 ★民芸品作りの体験2000円(ぞうり用ロープ代・講師料含む)

参加するには?
○ 定員 
 ★食の体験:20名(最少催行人数10名)
 ★布草履作り体験:20名(最少催行人数12名)
○ 締め切り12月1日



■締め切りが迫っていますので、申込みはお早めに!
※掲載が遅れてすみませんm(__)m
ラベル:イベント
posted by happyisland at 23:57| 岩手 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

物見山山頂から山々を見渡す

物見山山頂

■吸い込まれそうな青空。今日の種山は、本当に良い天気でした。
■「こんな日は・・・・物見山へ行くしかないだろう!」ということで、案内人のおじさまと物見山からの眺望を楽しみました。

■全国にはいくつの「物見山」という名の山があるのでしょう?その名の通り、種山のてっぺんである物見山山頂(871m)からは、360度の大パノラマが広がります。

■たくさんの山が見渡せましたよ(^^)V とくとご覧あれ!

物見山から広がる世界

【クリックして続きを読む〜物見山から見渡せる山々とは?】
ラベル:物見山
posted by happyisland at 23:38| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

イベント:クリスマスツリー作り&冬の散策会

■イベントの情報ですm(__)m
遊林ランド種山さんで、冬ならではの2つのイベントが企画されています。

その1:「クリスマスツリーを作ろう!」
○ 日 時:12月2日(土)10:00〜14:00
○ 会 場:遊林ランド種山 (地図はコチラ
○ 講 師:フラワーデザイナー 菊池 美輝さん
○ 受講料:4,000円(材料費、昼食代、入浴料込み)

可愛いツリーを手作りで
▲クリックすると拡大します。詳細をご覧下さい。

その2:「種山ヶ原森林公園散策会・冬」
○ 日  時:12月15日(金) 10:00〜15:00
○ 集合場所:遊林ランド種山 (地図はコチラ
○ 持 ち 物:飲み物、雨具(カッパなど)、タオル、着替えなど
○ 服装:散策のできる服装(防寒具、厚手の靴下、手袋など)
○ 参加費:2,000円(昼食代、入浴料、フィールド保険料込み)

冬の種山の森を歩きましょう!
▲クリックすると拡大します。詳細をご覧下さい。

■最初の「クリスマスツリー作り」は、講師の人にサンプルを見せていただきました。とても可愛くて、素敵でしたよ。
■フラワーデザインの方法を応用するそうで、初心者の方でも大丈夫だそうです。

■「冬の散策会」は、森の案内人のおじさまと一緒に、冬の種山の森を歩く企画です。
■冬の森って、寒いですけど、僕は大好きです。張りつめた空気に耳を澄ますと、無音の音が聞こえてきそうです。心まで透明になる気がします。
■晴れるといいですね!

■ふるってご参加下さい(^o^)/
ラベル:イベント
posted by happyisland at 00:20| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

秋の色々

■秋です。日に日に木々たちが色づくこの時季が大好きです。毎日、同じ風景を見つめていると、あっという間に変わりゆく「色」に驚きます。
■種山の森でも、様々な種類の果実にたくさんの色を見つけることができますよ。

秋の色々
【クリックすると拡大します】

■今年は総じて、木々たちの実りは不作なのですけど・・・・

■最近、古の人々が生み出した「色」に興味を持ち始めました。
■例えば「朽葉色(くちばいろ)」。下記の本によると、同じ朽葉色にも「朽葉四十八色」と呼ばれるほど様々な種類があって、「赤朽葉」、「黄朽葉」、「青朽葉」など、種々の色で落とされた朽葉に名をあてたようです。

■そういえば、種山への道すがら、いつも気になるカツラの大木も、黄色に染めた葉を落とし、黄朽葉が川に流されていきます。

s061015.jpg

■秋は、何となく焦る時季でもあるのですよね。長ける秋に、今年の自分を重ねたりして。
■そんなこんなで、久々にブログを更新しました(^_^;

すぐわかる日本の伝統色すぐわかる日本の伝統色
福田 邦夫

日本の色辞典 かさねの色目―平安の配彩美 和みの百色―日本の四季を彩る すぐわかる日本の伝統文様―名品で楽しむ文様の文化 コンパクト版 色の歴史手帖―日本の伝統色十二カ月

by G-Tools



ラベル: カツラ
posted by happyisland at 00:58| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

落とし物の張本人

■種山の森を歩きながら、ちょっぴり地面に気を配ると・・・・きれいに2つに割れた「殻」を見つけることがあります。
■見つける確率は本当に高くて、今年も幾度となく出会いました。

2つに割れた実.jpg

2つに割れた殻.jpg

■この殻は、オニグルミのもの。そう、あの「クルミ」です。市販されているものは、中国産が多いようですが、オニグルミも立派なクルミが実ります

オニグルミの実.jpg
▲今年の8月26日に撮影したオニグルミの実。たわわに実をつけます。この中にクルミの殻が入っています。

■しかし・・・・割れた殻には、食べられる肝心の「実」の部分がありません。
■これは、ある動物が食べた痕跡。フィールドサインと呼ばれ、2つに割れたオニグルミの殻は、ある動物が森に暮らす証拠です。

■「いるんだなぁ、見たいなぁ」と常々思っていたのですが、ついにその動物を観察しました!

【殻を割った張本人とは?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 01:11| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

秋がやって来て

■久しぶりに種山の森を歩いてきました。
■高原である種山は、里に比べて秋の訪れも早い。季節の移ろいをしみじみ感じます。

060916ミソハギ.jpg

■ノコンギク(多分)とミソハギがそれぞれの「赤」で、秋の訪れを告げています。

■この時季は、ちょっぴり森に目を凝らして散策すると、様々な発見があるんですよね。今回は、秋の入り口に立つ森を満喫しました。

【秋が訪れた森へ〜クリックして続きを読む】
ラベル:
posted by happyisland at 01:20| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

緑さす

060517katakuri.jpg

■カタクリの花が色褪せた頃、種山の森に緑がさし始めました。木の芽から次々と開く新しい葉は、森に命を吹き込むかのようです。
■雑木林が淡い緑に染まる、本当に美しい時季だと思います。

■木々に近づいて見ると、葉の開き方はそれぞれ個性的です。

トチノキ

【芽吹きはこんなに違う!〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 01:14| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ひなたぼっこ

■忙しくて更新できませんが(^-^;

ひなたぼっこ

■5月3日に開催した「花と緑の鑑賞会」では、種山の森が春植物たちに彩られていました。今年は花々が遅れていたのですが、何とか間に合いました。
■散策会の様子は、参加していただいた「SUMITA好いネット管理人の日記」の大和魂さんにご紹介していただきました。こちらです。

■ここ数日は、ぐぐっと暖かくなってきました(⌒‐⌒) 鳥たちのさえずりが森に響いています。

ヒガラかな?

posted by happyisland at 01:46| 岩手 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

「花と緑の鑑賞会」参加者募集中です

■種山ヶ原森林公園で5月3日(祝)に散策会が開催されます。ご案内するのは、森の案内人講座参加者の皆さまです。
■地元案内人の解説とともに、スローウォークで森を行く楽しさ、心地よさ、面白さを体験してみませんか?

■申込みが必要です。締め切りは、5月2日(火)午前中まで。定員は40名となっています。

■詳細は、下記チラシをご覧下さい。

060420花と緑の観賞会チラシ.jpg
▲クリックすると拡大します

■例年、種山の森は、春植物たちに彩られます。昨年度の散策会は、本当に最高の時季に当たりました。今年は、まだ雪の残る箇所も多く、花の遅れが少々心配ですが・・・・

■皆さま、ふるってご参加下さいませm(__)m

posted by happyisland at 22:54| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

春の目覚め

■"Flower Blog Ring"のお仲間のブログを見ると、花々がほころび春爛漫ですが・・・・種山ヶ原の森は、まだこんな感じです(^-^;

まだこんな感じ


■まだまだ寒そう。

寒そう


■心なしか、河畔に佇むカツラの大木も凍えているかのようです。

カツラの大木も凍える?

大木の目を通して


■しかし・・・・(^O^)/ よくよく目を凝らして沢を見つめると・・・・

沢には?

【春の目覚めとは?〜クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:36| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

季節はめぐる

posted by happyisland at 23:18| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

冬の森に残された息づかい

■ごぶさたしておりましたm(__)m ははは・・・・(^◇^;

■先週末、第15回森の案内人講座を開催しました。今回は、冬の森を楽しもう!という企画です。
■種山ヶ原の森は、まだ銀世界に覆われていますが、柔らかな陽射しが春の足音を鳴らしています。

■さぁ、冬の種山の森へ。真白な世界が広がる森で見つけたモノとは?

冬の森へ.jpg

【冬の森には・・・・?クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:46| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

森も雪で薄化粧

■忙しくて更新できないなぁ。ブツブツブツ(-.-;)y-~~~
■ちょっと仕事の手を休めて、先日の続き、白く薄化粧した種山の森に行ってみよう。

あれほど艶やかに花をほころばせたタニウツギも、すっかりタネを飛ばし終えたのでしょうか?果実も枯れて、凍える。

凍えるタニウツギ

果実も枯れて

【初冬の種山の森へ〜クリックすると続きが読めます】
posted by happyisland at 01:07| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

舞い降りた雪

■ここ数日、冬の訪れを実感します。パステルカラーの淡い青空の下、種山ヶ原は真白に塗られていきます。
■雪って不思議です。初雪に出逢うと、何故かワクワクしてしまいます。耳を澄ますと、無音の音が聞こえてきそうです。
■まずは、冬が訪れた物見山へ。

雨量レーダーを望む.jpg

【雪の舞い降りた物見山へ〜クリックすると続きが読めます】
posted by happyisland at 21:02| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

イーハトーブのまだ見ぬ森へ

以前に告知させていただいたウォーキング・プログラム「イーハトーブのまだ見ぬ森へ」を開催しました!
みつばちblogさんの言葉をお借りm(__)mすると、
「イーハートーブのまだ見ぬ森へ」というタイトルで、種山ヶ原で賢治のようにさまざまなインスピレーションを受けながら、「あなただけの種山を発見しよう!」というスローウォークで森を行く、新しい森の楽しみ方を提案するプログラムです。
その通り(^o^)/ さすが、プロの言葉です。

■とても楽しいプログラムになりましたよ(⌒‐⌒)


■まずは、遊林ランド種山の研修室で、賢治さんが種山ヶ原にインスピレーションを受けて紡いだ作品を解説。様々なジャンルで作品が残ることに驚きました。
■次は、参加者の皆さんが種山を発見する番。2グループに分かれて種山の森へ。

【まずは物見山へ〜クリックすると続きが読めます!】
posted by happyisland at 22:00| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

秋が燃える

■「今年の紅葉はくすんで、イマイチだなぁ・・・・」と、町内のおじさまはつぶやきます。でもでもやっぱり、この時季の森は美しいのです(n_n)v

051103-木々の隙間から.jpg

051103ハウチワカエデ.jpg

051103オオモミジ.jpg

051103遊林ランドから.jpg

■秋の柔らかな陽射しの中、落ち葉を踏みしめ木々の彩りに包まれると、心まで染まってゆきそうです。澄み渡る空を見上げると、天へと吸い込まれてしまいます。
■ちなみに、大船渡・陸前高田側から種山ヶ原へ向かう国道397号線は、道は狭いのですけれど、大きな木が残る河畔林から光がこぼれ、ほれぼれしますよ(⌒‐⌒)

◎トラックバック・ピープル:いわてっこ
posted by happyisland at 21:03| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

行く秋に再び、からまつ林へ

初夏に訪れたカラマツ林を再び歩きました。カラマツたちが黄金色へと染まるには、もう少し時間がかかるようです。
■緑深いカラマツ林では気づくことのなかった植物たちとたくさん出逢いました(⌒‐⌒)

秋のカラマツ林へ.jpg

【秋のからまつ林へ〜クリックすると続きが読めます】
posted by happyisland at 01:21| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

こんなふうになりました。

■ハイノキ科、サワフタギ(沢蓋木)さん

サワフタギの花

サワフタギの実

【クリックすれば、あと3種類ほど】
posted by happyisland at 00:29| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

秋の表情

■泣いたり笑ったり。怒ったり喜んだり。秋の風景は、表情がコロコロ変わりますよね。
■秋の喜怒哀楽に吸い込まれると、何だか、風景に励まされているような気分になります。

050902風景1.jpg

040911風景2.jpg

050921風景3.jpg

051007風景4.jpg


■今年は、種山の森のカラマツたちは黄金色に染まるのでしょうか・・・?落葉樹の葉っぱは、もう散り始めています。
■それにしても・・・・2回連続でデジカメのメモリカードを忘れるとは(×_×;)長ける秋に、気持ちばかり焦る私(-.-;)y-~~~

posted by happyisland at 01:32| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。