2007年02月05日

ノスタルジック小学校

住田町には、下有住(しもありす)小学校という小学校があります。
ある日、「下有住を語る会」という地区の集まりに行きました。

すると子ども達の昇降口に、なぜか懐かしさを引きたてる素敵なも
のを発見しました。
それが、下の写真です。

竹のすのこ@

竹のすのこA

何年か前に父兄が手作りしたものだそうです。
竹踏みのような、足を程よく刺激される、温かみのある踏み心地でした。

ここは、全校50人ほどの小さな学校です。木造校舎だからこそ、この様
子が絵になるのかもしれません。

しかし、この学校にも児童数の減少から隣の地区と合併したらどうか、
という話が出ています。本日の集会の議題でもありました。中山間地の
抱える問題について深く考えてしまう集りでした。


posted by うめっち at 20:24| 岩手 | Comment(38) | TrackBack(2) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

水しぎ

昨夜の愛宕地区の「どんと祭」に引き続き、次の日は消防団の方々と一緒に「水しぎ」をやりました。

「水しぎ」とは、愛宕地区と曙地区に残っている寒中行事であり火防祭です。
顔に墨を塗り、ボロをまとった若者たちが、ブリキの空き缶をガンガン打ち鳴らし、「ミッサイナ(火の用心)、ミッサイナ」と、叫びながら町内を練り歩きます。

集合写真

昔ある夜、世田米の宿場から火が出たときに、床下を寝ぐらにしていた乞食が「火事だぁ〜」とわめき、鍋釜をたたいて一大事を知らせたお陰で難を免れたという”史実”にのっとたお祭です。(東海新報あだりほだりより抜粋)

十三時から小学校を皮切りに十五人弱で愛宕地区を回りました。十七時になってやっと半分回ったぐらい。カラダはかなり疲れ、スキップしながら「大黒舞」を唱えなければならないのに、体が動かない・・・。かなり体力のいるお祭です。

保育園での様子

大黒舞で軒先を回る
◆輪になって「大黒舞」を唱える様子


「大黒舞」
 見っさいな、見っさいな
大黒様という人は
 一に 俵を踏んまえて
 二で にっこり笑って
 三で 盃求めて
 四で 四方(よんほう)いいように
 五つ 泉が湧くように
 六つで 無病息災に
 七つ 何事無いように
 八つ 屋敷を平らめて
 九つ 心をおさめて
 十で 宝をおさめて
大黒舞も これまでよ
 見っさいな、見っさいな

と唱えながら、各軒先を回ります。
posted by うめっち at 19:27| 岩手 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんと祭

世田米の愛宕地区で「どんと祭」が行われました。正月飾りを神社の境内で焼き、その火にあたることでその年の健康を祈願するという正月送りの行事です。

 山盛りの正月飾りに火が点火されると、メラメラト勢いよく火が燃え始めました。神聖な行事なのでしょうが、夏に森の案内にの方が準備してくれた大掛かりなキャンプファイヤーを思い出しました。

天までとどく炎

正月飾りに点火

 火を見つめていると、心がウキウキして、不思議な魅力に引き込まれていきます。暗闇の中での、幻想的なひと時でした。

 最後は、消防団の方々が土をかけて鎮火しました。

消防団が鎮火
posted by うめっち at 18:30| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

篠竹でザル作り (2)

 12月1日に、篠竹を取りに山に行きました。kさんのジープで、先生の自宅から車で五分足らずの山に向かいました。11月中旬から狩猟が解禁になり、ハンターが山にたくさんいました。

 いざ、山へ
  
 どんなところで篠竹を採るんだろうと、ワクワクしながら先生の後に着いていきました。「ここで採るよ」と先生が。とても山奥に入るのかと思ったら、林道脇の山の斜面にたくさん生えていました。ちょっと拍子抜けしてしまいました。

篠竹の生える山
  
 まず、どんな篠竹を捕るか説明を受けました。篠竹は、一年目から三年目ぐらいの、皮が付いている物を採るそうです。年が経つと、薄い皮がなくなり、皮が硬くなるため使えないそうです。

 それを頭に入れて、三人で黙々と篠竹取を一時間ほどやりました。遠くで、何回も銃を撃つ音が響いていました。この時季は、派手な格好をしていないと、動物と間違えられそうです。

 篠竹を束ねる

 
 先生曰く、「竹はいつでも採取可能。だけど、ダニが付くから今の時季が良い」と。 

 
posted by うめっち at 20:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠竹でザル作り (1)

11月中旬から、篠竹の竹細工を習い始めました。

 住田町の「上有住(カミアリス)地区伝統的生活技術を伝える会」の事業によるものです。生徒は、私と森の案内人講座を受けているKさんの二人。先生は、まもなく八十に手が届くジロウ先生です。

 篠竹は、イネ科メダケ属で、多年生常緑笹のアズマネザサ(東根笹)。竹に比べて背が低く、節と節の間の「稈(カン)」が細く長く、成長後も竹の皮が残るタケササ類です。住田町では、竹細工というとこの篠竹が使われます。山の中に生えていると聞きますが、まだ見たことがありません。
 
 毎回、ジロウ先生の自宅の工房で教わっています。篠竹をザル作り用に先生が加工し、準備しておいてくださいます。 竹細工初心者の私達は、ザルを作るための竹の編み方に集中です。
 
篠竹を割る
  
 ザルは、底から三回編み方を変えながら、編み上げていきます。 先生の手つきを見ていると簡単にそうに見えるのですが、いざやってみると、思うようにいきません。kさんと「あれっ?あれっ?」と言いながら、四苦八苦。
 
底を編む あじろまわし ふじ編み

 ジロウ先生に、「竹にごまかされるな〜。」と言われるけれど、ごまかされ、遊ばれ、先生に笑われてばかり。それでも、なんとか先生の助けを借りながら、初めての作品ができました。

完成品-上から 完成品-横から

 ジロウ先生のお言葉:一般的な竹細工は、竹の外を取って中身を使う。
           篠竹は、中味を取って、皮を使う。
posted by うめっち at 18:16| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

11月3日ヤーコンに出会う!!

私は、4月10日から種山ヶ原森林公園のある住田町に研修に来ました。一年間、農山村で地域にどっぷり浸かる生活が、研修の目的です。
 小さな畑を貸してもらい、サツマイモを掘っていたら、隣の畑の方々から、「お茶っこどうぞ」と呼ばれました。
 隣の畑では、ヤーコンの収穫の真っ最中!!
作業風景

 ヤーコンは、南米高地原産の菊科の多年生草木です。地中に塊根と塊茎の二種類の栄養器官を作って、塊根は食用に、塊茎は繁殖用(苗)に利用されます。芋(塊根)は水分が多く、シャキッとした食感とほんのりとした甘みを持ち、古代インカでは果物のように使われていたそうです。

 私は、ヤーコンが大根のようになると思っていました。
 ところがビックリ!!葉は、空に向かって青々とまっすぐに茂り、実は、地下にサツマイモのようになるんです。切ると、みずみずしくて、サクサクっという音がします。
〓[〓〓1.jpg〓[〓〓2.jpg

 透明感があり、ふっくらと尊長くなっているものは、商品価値が高いそうです。割れているものは、商品価値が下がります。味には支障がないのに、本当に残念なことです。ヤーコンに限らず、私達がスーパーで買うものは、味、見栄えをよくするために、かなり手をかけた贅沢品なのだと感じました。

 ところで、このヤーコンは掘ってすぐは甘味が少ないそうです。日陰で一ヶ月ほど干すと、甘味が出て、サラダやレモン煮、きん造らや煮物に最適なのだとか。その報告は、また後ほど。

 住田は、紅葉が真っ盛りです。美しい景色を見渡せる余裕ができたのは、作業も終わりに其造いた頃でした。それまでは、初めて見るヤーコンに夢中だったようです。

畑からの風景

posted by うめっち at 17:55| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。