2005年11月13日

実から木の名前を知るために

■種山の森の落葉樹は葉をすっかり落としました。森には冬の匂いが立ちこめます。そろそろ今年の活動の整理を始めよう(^-^;

■てなわけで、「種山ヶ原森林公園・木の実図鑑」を作り始めます。種山ヶ原樹木図鑑カテゴリに対する逆引き図鑑のイメージです。本記事は、暇を見て体裁を整えていきますのでよろしくお願いします。
■また、記事中の誤りや気がついたことなどありましたら、コメントをお寄せいただければ幸いです。

◎掲載種=6種(2005-11-14現在) 

※記載例
アオハダ(Ilex macropoda)の実
■標準和名(漢字)
■科名属名
■学名
■タネの運ばれ方
■一言
【本ブログ内の関連記事】


※写真は、クリックすると拡大します。

アオハダの実
■アオハダ(青膚)
■モチノキ科モチノキ属
■Aquifoliaceae Ilex macropoda
■動物散布(クマなど)
■短枝から実を結んでいることが特徴かな。テカテカした濃い赤色の実。




エゴノキの実(熟す途中?)
■エゴノキ
■エゴノキ科エゴノキ属
■Styracaceae Styrax japonica
■(調査中)
■種山で見るかぎり、花から実になる割合は高いようです。白雪姫とでも呼びたいような鈴なりの花は、写真のような実へと変身します。

【本ブログ内の関連記事】
■最新情報>もう一つの雪の花



オオカメノキの実(熟す途中)
■オオカメノキ(大亀の木)
■スイカズラ科ガマズミ属
■Caprifoliaceae Viburnum furcatum
■動物散布(鳥など)
■実が熟すと赤から黒へ変色し、赤と黒が混在するようになる。果序の枝まで赤く火照る。「私を食べてぇ〜!」と鳥たちにアピール。

【本ブログ内の関連記事】
■自然のしくみ>クサギの実はよく目立つ?




オオモミジの実
■オオモミジ(大紅葉)
■カエデ科カエデ属
■Aceraceae Acer amoenum
■風散布
■翼を持ち、風に乗ってプロペラのようにくるくると回る。この実を拾って、子供たちと青空へ投げて遊んだなぁ。




オニグルミの実
■オニグルミ(鬼胡桃)
■クルミ科クルミ属
■Juglandaceae Juglans mandshurica var. sieboldiana
■動物散布(齧歯類など)、水散布(川や海に流れて)
■かつては美味しい山のおやつだったそうで、熟す前の白いタネから熟した後まで楽しめる。リスやネズミも好物のようで、林床を注意して探すと食べ跡を見つけることも多い。
【本ブログ内の関連記事】
■暮らしの中の自然>オニグルミが熟す前に;おやつ編
■自然のしくみ>オニグルミのゆくえ
■暮らしの中の自然>オニグルミの実を食べる



ガマズミの実
■ガマズミ
■スイカズラ科ガマズミ属
■Caprifoliaceae Viburnum dilatum
■動物散布(鳥など)?
■ズミとは酸実。爽やかな酸実の果実酒ができるらしい。種山でガマズミの花は、雨や霧に濡れて微笑む印象がある。

【本ブログ内の関連記事】
■最新情報>雨煙る種山の森へ





posted by happyisland at 22:30| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) |  →実から調べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、では、happyislandさんは、図鑑作りをはじめるのね。
頑張ってくださいね〜。
ふふ…、楽しみ楽しみ♪

写真の赤い実、綺麗。アオハダだったんだ。
うちの近所のアオハダも、今度見に行ってこよう。

風邪引かないでね〜。(^^)/
Posted by はもよう at 2005年11月13日 23:54
*はもようさん*

コメントをありがとうございます!図鑑というか、写真の整理というか、おじさま方のご要望というか・・・・少々仕事が忙しいので、ちょこちょこ更新ですね(^^;)

優しいお言葉もありがとうございます。実は先週、2日間ほど寝込んでしまいました(>_<)ひ弱な私。
Posted by happyisland at 2005年11月14日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。