2005年11月06日

クサギの実はよく目立つ?

■藍色の実と紅色の襟との二色が鮮やかなクサギの実。羽根突きの羽根のような形もユニークです。
■種山の森の管理車道脇にクサギの木があります。ちょくちょく観察していたら、先日、確かに結んでいたはずの実がこんな姿に変わっていました。

051103クサギ_Fr2.jpg

051103クサギ_Fr.jpg

■どうやら藍色の実は、もう鳥に食べられてしまったようですね。早いなぁ(^o^;
■クサギの実には、鳥を誘うためのしくみがあるそうですよ。

■木々たちの中には、鳥にタネを運んでもらう仲間もいます(鳥散布)。まずは鳥に実を食べてもらわなければ始まりません。結んだ果実は、鳥に見つかって欲しいわけです。

■鳥がついばむ果実の色を考えてみると・・・・「赤」と「黒」が多いと思いませんか?昔からこの「赤」と「黒」は、鳥に見つかりやすい色だと考えられてきたそうです。

■さらには、赤と黒の2色を組み合わせて鳥を誘う木もいます。そう、クサギもその一種。クサギの場合は、実以外の部分(萼)を紅色に染めて、藍色の実とのコントラストを生んでいますよね(形態的な二色)。
■一方、オオカメノキのように、時間が経つとともに赤い実が黒に変わって、赤と黒の実が混在する種類もあります。熟す時間をずらしているのでしょうか(時間的な二色)。

051027オオカメノキ_Fr.jpg

■では、本当に2色の方が鳥に見つかりやすいのか?アメリカの研究者が、この様な実験をしたそうです。
■赤と黒の2色が混じった実の集まりと黒だけにした実の集まりとを林縁におくと、2色が混ざった方の実を鳥が多く持ち去ったそうです。また、赤に塗った竹串と緑に塗った竹串にそれぞれ黒い実をつけると、赤に塗った竹串の方で鳥が実を多く持ち去ったそうです。
■このような鳥に目立つためのしくみは、二色効果や二色表示と呼ばれています。

■ちなみに二色効果を持つ木の割合は、実を食べる鳥の数が少ない春から夏にかけて多いそうです。種山の森ではどうかな・・・・?

【おまけ〜クサギが実を結ぶまで】
050717クサギ_蕾.jpg
【写真】7月中旬、花のつぼみを発見!

040801クサギ_花.jpg
【写真】8月に入ると甘い匂いを漂わせて独特の白い花をほころばせた

040821クサギ花後.jpg
【写真】8月下旬、花も終わりの頃。薄紅色の花の後の方が美しい?

050927クサギ_タe」ゥ.jpg
【写真】9月下旬。藍色の実が萼から顔を覗かせ始めた

【本ブログ内のクサギに関する記事】
■自然のしくみ>(10/01)クサギの花の秘密
■森のアロマ研究所>(10/01)クサギの臭いと匂い


◎参考にさせていただいた本をご紹介


上田 恵介 / 築地書館(1999/12)

■自由に動き回ることのできない植物にとって、タネを遠くへと運んでくれる鳥たちは、新しい命を託す使者です。一方、鳥たちにとって植物が結ぶ果実は、大切な食料源となります。このような持ちつ持たれつの関係は、長い時間をかけて様々な<自然のしくみ>を進化させてきたと考えられます。■本書は、7名の研究者が鳥と果実との共進化を描きます。■著者によって内容にムラがある気もするし、やや専門的ではありますが、鳥も植物も好きで、自然の秘めるしくみへ踏み込みたい方にはお薦めです。



◎トラックバック・ピープル:ツリーウォッチング


posted by happyisland at 01:09| 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自然のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、happyislandさん。
週末忙しくて、こっちへ来られませんでしたので、
ちょこっと振りです〜。

nekogsuさんという投稿者さんは現れるは、
エントリーはたくさんされてるは、
ちょっと見ぬ間に大にぎわいじゃないですか。
happyislandさん、大活躍ですね。



クサギの実の秘密。おもしろかったです。
そういえば、コブシの実のサヤも、真っ黒になってもまだ、
くっついていますよね。
あ〜!黒地に赤い実だ!

ミズキは…、実を乗せている茎が赤くて、
果実は藍色っ!!

をを、鳥さん達に人気の実には、赤と黒(っぽい色)2色使いで、
より一層 鳥さん達の気をひく工夫がされているンだ。
なるほど〜。

今日もおもしろいお話ありがとうございました。
とってもためになりました。


Posted by はもよう at 2005年11月07日 23:55
*はもようさん*

いつもコメントをありがとうございますm(__)m 感謝感謝です(^o^)/

コブシやミズキもそうですねぇ。そんなことを心に留めながら秋の森を歩くと、赤と黒の組み合わせは意外に多いのかもしれませんね。
「私を食べてぇ〜(by Aさん)」と鳥さんを誘っているのかも。

今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by happyisland at 2005年11月08日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。