2005年10月13日

クリを生食

051008クリの実.jpg

■先週末、森の案内人講座での出来事。町内のおじさまが、森に落ちていた栗の実を拾って渋皮をむき、「ほれ、食べてみな」と生のままで渡してくれました。
みつばちプロジェクトさんにコメントをいただいた通り、栗の実を生で食べられることは、おじさまから前に聞いていました。ただ、食べるのは初めての経験です。

■さて、お味は・・・・ポリポリとした食感とともに栗の淡い味がして、美味しかったですよ(@^0^@)

■50代のおじさまは子供の頃、山へ行く時にはナイフを持ち歩き、栗の実が落ちるこの時季、おやつとして生のまま食べていたそうです。
■ただし、食べ過ぎると「かさかく」との事。これは、皮膚病の一種だとおっしゃっていました。いろいろなお話を聞く度に、山の幸は、適度に食べるべきだと思い返します。
■また、「山の高い所で実る栗の方がオイシイ」というお話も聞きました。そんなにお味が違うのかしら?



■先日、森林インストラクターのYさんから栗の実をお裾分けしていただきました。しかし、ゆでることなく生のままで保管しておいた実は、あっという間に虫に食べられてしまいました・・・・
■後日お話したところ、生栗は、すぐに茹でるか冷凍保存しないと多くの実が虫に食べられてしまうそうです。経験の無い僕は、山の幸に驚くばかり。

■森では秋が深まり、食欲の秋が満開です。

050927クリ.jpg
【写真】9月下旬頃に撮影

041121クリのタ.jpg
【写真】冬の足音が聞こえてきそうな頃のクリのお姿

◎トラックバック・ピープル:”秋”を感じたら


posted by happyisland at 02:20| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トップのイガ。
すごい迫力〜!動き出しそう。ぅわっ、こわ〜い。痛そー!!!
でもよく見ると、イガイガの 針の出方が面白い。

当地の柴栗は、もうみんな落ちて 拾われちゃいました。
こんなに ゴツくない、ちっちゃい栗でした。
うぅ、北国の栗、豪快だぜ。

むくのに失敗して、砕けた栗を食べたこと有りますけど〜、
やっぱり、火を通した方が美味しいですよ。
そうでなきゃ、あんな苦労してまで 料理しないさ。(くすん)
Posted by はもよう at 2005年10月14日 10:38
はもようさん、コメントをありがとうございます。
そうですよね。自分にしては珍しく豪快な写真が撮れたので、一番上に載せてみました(∩.∩) 言われてみると、針の出方って面白いですねぇ。

こちらでは、庭先に栗の木が植えられている風景もちょくちょく見ますよ。はもようさんのフィールドの柴栗は、あっという間に拾われてしまうのですねぇ(^_^;

僕自身は、やっぱり料理が課題です(-.-;)y-~~~ きちんと苦労しないと、言うことも言えないなぁぁ。
Posted by happyisland at 2005年10月15日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。