2005年10月06日

アケビの実

■「秋霖」という言葉が思い浮かぶほど、岩手ではぐずついた天気が続いていました。気がつけば日中も足下が冷えて、深まる秋を体感しています。
■何はともあれ、やはり秋は「食」ですよね。嬉しいことに、ここ数日、町内の方から山の幸をいただいております(n_n)v せっかくなので、「お裾分け山の幸シリーズ」を書きます!

アケビの実.jpg

■本日いただいたのは、アケビの実。春、アケビの花を教えてもらったおじさまに持ってきていただきましたm(__)m

■アケビはつる植物です。木に巻き付いて大きくなり、奥ゆかしく美しい花を春に咲かせます。アケビの花の紫色は、とても日本的だと思いませんか?手のひらを広げたような葉っぱに愛らしさも感じます。
■アケビには、雄と雌の花があります。雌の花は、雄の花より2倍くらい大きく濃い紫色です。(アケビの花の不思議は、また別の機会に・・・・)

アケビ_all.jpg
【写真】淡紫色の小さなつぼみが雄花、色の濃い大きなつぼみが雌花。アケビのつるは右巻きだそうな。

アケビ_雌花つぼみ.jpg
【写真】今にもほころびそうなアケビの雌花。

■この雌花が、これほど大きな実になるなんて!ずっしりと重く、立派な実です。
■「アケビの実が割れる頃、よく学校帰りに食べたもんだ。甘い物がなかったし、おやつ代わりだったのかもしれないね」とおじさま。
■アケビの実は熟すと割れるようです。この特徴から、アケビの名の由来を「開実(あけみ)」とする説もあります。

アケビ_割れる様子.jpg
【写真】今にも割れそうな実と割れた実。

■果肉はゼリー状です。早速食べてみたところ・・・・確かに甘い!甘いと言っても、既製品のお菓子の味とは異なって、とても上品な甘さです。
■古の旅人は、アケビの実の甘さで疲れを癒したそうな。

■そして、タネが多い!僕が食べた実の中には、100粒ほどのタネが入っていました。果肉の部分は意外と少ないんだなぁ。
■「タネまで咬むと苦いから注意しろよぉ〜」と、おじさまから言われた意味が分かりました。

アケビ_種子.jpg

■このアケビのタネの白い部分が分かりますよね?これは、アリさんが大好きなエライオソームと呼ばれる種子の付属体です。アリに種子を運んでもらうためにタネが持つしくみ。
■そもそもアケビの実は、猿などの哺乳類や鳥が食べるようです。よって、タネは動物たちのお腹を通って運ばれていきます。アケビのタネはさらに、アリの大好きなエライオソームまで付けているなんて!用心深いと言いますか・・・・

■さて、果実を食べて皮が残りました。この皮の部分も食べられるそうで、炒め物や天ぷらにすることを薦められました。ピーマンの肉詰めのようにしても良いそうです。
■明日は、アケビの皮を食べようか。男、独り身の私としては、料理することも一苦労なのですが(^-^; せっかくの山の幸ですし、無駄なくいただくことにしよう(決意)。

【本ブログ内の関連記事】
■自然のしくみ>(8/13)アリさんは働き者

◎トラックバック・ピープル:蔓(ツル)植物


posted by happyisland at 00:47| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、happyislandさん。

ああ、あけびですね。
その昔、山育ちの母が懐かしがるものだから、
買ったことがあります。
あの時のアケビは きれいな紫でした。

果肉の他に、アリさんへのお土産付きの種かぁ。
用意周到ですねぇ。

アケビの花の不思議の方は、近々聞かせていただけるんですね。
たのしみ〜♪

アケビの皮のお料理って、どんなお味なのかしら?
ぜひ、挑戦なさってみてくださいね。

お料理上手な男性は それだけでも素敵ですよ。(^^)
Posted by はもよう at 2005年10月06日 23:39
はもようさん、コメントをありがとうございます。仕事がちょっと忙しいので、コメントをいただけると投稿する気力が湧いてきます(^o^)/
でも、今日はお休みしちゃおう・・・・

上の年代の方にとっては、懐かしい味なのですね。
図鑑を見ると、普通は紫色と書いてあります。ネットで写真を探して見ると、本当にきれいな紫でした。
霊長類以外の哺乳類は鳥と違って色覚がないらしいので、散布される生物の違いによって、アケビの皮の色に地域変異があったりして・・・・そんなことあり得ないか。

アケビの花の不思議は、もう少し時間が欲しいかな(^-^; 素敵な男になるためにお料理しなければいけないですし。気長にお待ちいただければ嬉しいです(⌒‐⌒)
Posted by happyisland at 2005年10月07日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。