2005年09月30日

コブシの実

■散策道にコブシの実が落ちていました。

コブシ_集合果.jpg

■実が集まった果実をまるごと落としてしまうようです。これは、同じモクレン科のホオノキとも共通する特徴です。
■葉をすっかり落とした晩秋、森へ寝ころんでコブシの木を見上げると、鳥が実を盛んについばむ様子を見たことがあります。写真のように落ちた実は、小動物に運ばれていくのでしょうか・・・・?

■先日トラックバックいただいたみつばちプロジェクトさんの記事で、コブシの清楚な花がこんな実になるなんて!と驚かれていました。確かに(^-^;

コブシ_花.jpg

コブシ_花up.jpg
【写真】種山の森で春にほころんだコブシの花

■こんな清楚な花が、あんな形の実になるなんて不思議ですよね。果実の形を「拳」に見立てて、「コブシ」と呼ばれるようになったとする説もあるようです。

■ちなみに、コブシが含まれるモクレン科は、比較的に古くから独立した系統で、原始的な姿をとどめる仲間だといいます。植物の祖先がどの様な形をして、どの様なしくみを持っていたのかを推測する上で重要とのこと。

■またコブシは、日本人の暮らしとも古くからの関わりを持つようです。
■コブシの木は、春、まだ葉を開く前に白い清楚な花を目一杯ほころばせます。この美しい花を、田の神が訪れた依代として農作業を始める目安としたようです。東北地方では、田打ち桜や種蒔き桜とコブシを呼ぶ地域もあります。

■季節が巡り、花から実へ。公園のおさんぽ日記さんの写真で、この赤い実の中に可愛いハート形のタネが入っていることを知りました。風変わりな拳の実に潜んだ恋心のタネ。今度確かめてみよう(^o^)/


【参考にした主な本とサイト】
福原のページ(植物形態学・分類学など)植物形態学9-1. 被子植物の系統樹と分類
 福岡教育大の福原さんのサイト。植物形態学のページは、素晴らしいの一言です。勉強させていただいてます。


木村 陽二郎, 植物文化研究会 / 柏書房(2005/04)

■約1,500種にも及ぶ植物について、人と植物との関係=文化などが簡潔にまとめられています。廉価版のため、内容に比べると価格もお手ごろです。



◎トラックバック・ピープル:ツリーウォッチング


posted by happyisland at 00:24| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 自然のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みつばちプロジェクトさんの嘆きぶりが楽しいわ♪
確かに、思いを寄せていた人がタコ形宇宙人だったら、ちょっとイヤですよね。ふふふ。


happyisland さん、
トラックバックありがとうございました。
みつばちプロジェクトさんの楽しい記事のご紹介も、ありがとうございました。

さて、中にハートのチョコチップみたいな種が入っていることに気がついたら、
みつばちプロジェクトさんはなんておっしゃるのかしら?楽しみです。
Posted by はもよう at 2005年09月30日 01:38
えっ!ハート型の種が入っているのですか?
見たいです・・・ 
happyislandさま、お願い。
Posted by みつばちプロジェクト at 2005年09月30日 09:23
はもようさんのブログでハート型を確認しました。やはりコブシを好きでいてよかった・・・と早速、救われた気分です。火星人から、とりあえず地球人ぐらいまで戻ってきました。

happyislandさん、ついでのときに拾っておいてくださいね。
Posted by みつばちプロジェクト at 2005年09月30日 15:38
みつばちプロジェクトさん、了解です。
ハート形のタネを手にすれば、コブシへの想いが取り戻せるかもしれませんね(^_^)
Posted by happyisland at 2005年10月01日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コブシの実 その後
Excerpt: いつもお散歩している公園で、コブシの実の皮がはじけ出しました。 さけめから、朱色の実がのぞいていますよ~。 鳥さん達、早く食べにおいで。 この実、ずいぶん 人の興味をそそったようですね。 あちら..
Weblog: 公園おさんぽ日記
Tracked: 2005-09-30 01:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。