2005年09月26日

造形美

先日投稿した蜂の巣と格闘してきました・・・・完全防備で行きましたが、初めての経験で怖かった。
■「蜂の巣があるのは当たり前。それが自然」という声もありましたが、あれほど散策道に近いと、来られた方々が襲われる危険性もあるので仕方がない。

■それにしても、蜂の巣の形にはつくづく感心しました。
ハチの巣.jpg

■規則正しい六角形。まさに自然が生み出した造形美でしょうか。

■帰り道、「昔は、蜂の子をエサにして釣りをしたなぁ〜」との先輩談。
■そこで思い出したのは、先日、50代のおじさまから聞いたお話です。イワナは非常にどう猛で、カエルやネズミ、さらにはヘビまで食べるといいます。そのイメージがあるのか、この辺の人は、あまりイワナを食べないそうです。骨が硬いことも手伝っているようですけれど。

■個人的にはつい先週、さばいたマムシを洗って焼く経験もしました。
■何だかブラックな投稿で気分を害する方もいらっしゃるかもしれませんが、僕自身は最近、「いただきます」の言葉が心に響いています。



posted by happyisland at 21:59| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
happyislandさん、いつも心を和ませてくれる写真をありがとうございます。私がこのホームページにアクセスするのは、なぜか、仕事が忙しくて心の余裕が無くなってきた時、心がすさんでキリキリ痛む時です。・・・・・今夜もそんな心模様でアクセスし、少し癒されています。happyislandさんのホームページの立ち上げの目的は違う所にあったのでしょうが・・・・こんな、わがままな「読者?」というか「観者?」ですがお許しを。
Posted by 井海幼太 at 2005年09月28日 22:36
井海幼太さん、コメントをありがとうございます(^O^)/

いやいや、このページを見ていただいて、さらにコメントまで寄せていただけるなんて、それだけで十分すぎるほどです(⌒‐⌒)恐縮です。

ちなみに、9/18の「オニグルミのゆくえ」の記事で、井海幼太さんからいただいた宿題に答えてみました。こちらもぜひご覧下さい。
Posted by happyisland at 2005年09月30日 00:49
私はイギリス在住の美術家でソブエと申します。私の稚拙なブログで、勝手ながら貴方の蜂の巣の写真を掲載させていただきました。著作権使用について問題がありましたら、どうぞご一報ください。すぐにも掲載を取りやめます。自然の織りなすデザインという観点から、その造形の美しさについて触れています。よろしければお訪ねください。なお、転載事項など記入をご希望でしたら、どうぞご一報ください。よろしくお願いします。
Posted by ソブエヒデユキ at 2009年08月03日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。