2005年09月18日

オニグルミのゆくえ

りす食痕_オニグルミ.jpg
【写真】ミズナラの落葉の隙間から、二つに割れたオニグルミを発見!誰が食べたのかな・・・・

■深まる秋。朝夕は随分と肌寒く感じるようになりました。
■落葉が始まり茂みの薄くなったオニグルミ。その隙間からは、乾いた秋の陽射しがこぼれ落ちてきます。枝にぶら下がるたわわな実がはっきりと確認できる頃です。
オニグルミを見上げて.jpg
【写真】オニグルミの木を見上げて。たわわな実は、小さくて見えにくいかな・・・・クリックすると拡大します。

■地面に視線を落として木の周りを探してみると、オニグルミの実が落ちていますよ。
落ちていたオニグルミの実.jpg

■リスやネズミの仲間は、この栄養価の高いオニグルミの実を運んで地面に埋めるそうです。冬を越すために、この「へそくり」を掘り出して食べるのでしょう。
※見つけた実をすぐには食べず、別の場所に貯めておいて後から食べる性質は「貯食性」と呼ばれます。リスやネズミなどの齧歯類、カケスやホシガラスなどの鳥類が貯食性を持ちます。



■地面を見回しながら森を歩くと、動物たちの食べ跡を見つけることがあります。
■ミズナラの落葉に隠れて、きれいに二つに割れたオニグルミを発見しました。
りす食痕_オニグルミup.jpg

■このオニグルミを食べた犯人は、リスの仲間。固いクルミの殻を縫い目(盛り上がった部分)にそって、きれいに割るそうです。鋭い歯を使うのでしょうね。見事なものです。
■種山の森でリスに出逢ったことはありませんが、暮らしているんだなぁ。しみじみ。

■今度は、殻に丸い穴の開けられたオニグルミを発見!
アカネズミ食痕_オニグルミ.jpg

■これは、アカネズミの食べ跡だそうです。縫い目を含んで丸い穴が開けられます。殻の両側に穴が開いていることも特徴。
■森林インストラクターのYさんによると、穴の開け方にも上手な個体と下手な個体がいるそうな。

■このような動物たちの食痕は、「フィールドサイン」とも呼ばれています。フィールドサインは、なかなか出逢えない動物たちがこの森に暮らす証拠ですね。



■また、アカネズミやニホンリスは、オニグルミの実を比較的浅い地中へ埋めるそうです。北海道に住むエゾリスは、深さ2〜3cmに埋めることが報告されています。
■幸運にも、食べ忘れられたオニグルミには、芽ばえるチャンスが訪れます。
■オニグルミにとっては、親から離れた場所に運ばれ大きくなる機会が得られるわけで、リスやネズミがオニグルミの分布の拡大を助けるようです。
■ちなみに、野ネズミがクルミを運んで埋める距離は、長くて30mほどだそうな。

■オニグルミの実は、もっと長い距離を運ばれることもあります。それは「川」。
■実が水に浮く構造を持つそうで、どんぶらこ〜、どんぶらこ〜と川を流れて、遠くの場所にたどりつきます。時には海まで流れていく実もあって、オニグルミが海岸に芽ばえることもあるそうです。すごい!探してみなければ。
■この水によって運ばれるしくみが、川沿いにオニグルミが多い理由なのでしょう→井海幼太さん

■今年、種山の森で実ったオニグルミは何処へ行くのでしょうか・・・・見ることのないオニグルミの行方に想像が広がります。

【本ブログ内の関連記事】
■暮らしの中の自然>(8/17)オニグルミが熟す前に
■暮らしの中の自然>(8/21)オニグルミが熟す前に;おやつ編

◎トラックバック・ピープル:ツリーウォッチング


posted by happyisland at 03:05| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | 自然のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
トラックバックピープル、ツリーウォッチングをみてやって来ました。

私が観察しているのは 都会の公園の木なので、
お山のオニグルミを見ることが出来て嬉しいです。
少し戻って、おやつにする方法も勉強してきました。(^^)
ありがとうございました。

まだ(HPを)全部見たわけではありませんが、
開設されてからまだ、いくらも経っていないご様子。
「樹木図鑑」と「賢治が紡いだ花」のカテゴリーの今後が楽しみです。

私も、都会の公園のオニグルミについて、今度まとめてみようとおもいます。
また、参りますね。
Posted by はもよう at 2005年09月20日 15:20
はもようさん、コメントをありがとうございます!具体的なコメントもいただいて、とても嬉しいです(^O^)/ 頑張ります。

こちらでオニグルミは、大切な山の幸だったようです。先日伺った敬老会でもおばあさんから、「今は労力がかかるし、剥いたクルミが売っているから山のものは食べなくなったけど、やっぱり山のクルミは味が格別で美味しいんだよ」と教えていただきました。

少しずつ更新していきますので、ぜひまた遊びにいらして下さい。都会の公園のオニグルミについても、トラックバックいただければ嬉しいですm(__)m
Posted by happyisland at 2005年09月21日 02:10
トラックバックしました。よろしく♪


Posted by はもよう at 2005年09月21日 16:21
あ〜種山にクルミ落ちているんですね。勝手に拾いに行っちゃ駄目でしょうかね?(^▽^;)うちのばあさんがクルミ餅作りたいって言ってるんですが、うちに前にあったクルミの木はキノコのボダ木にしてしまって胡桃がないんですよね〜。人の山にかってに入ってとったら泥棒になっちゃうしな〜(--;)
種山もみんなのものだから難しいっすよね。(^^;)
Posted by G・T佐々木 at 2005年09月21日 22:51
G・T佐々木さん、コメントをありがとうございます(^^)V "G・T"って、ミドルネームがあるようでカッコイイっすね。

誰が見ているか分からないので、うかつにコメントできなかったりして(^O^; 動物や木々の芽ばえの分も残してもらう気持ちで採れば、いいのではないかと個人的には思っているのですけど・・・・おばあさんが作った山取りのクルミ餅、ぜひ見てみたいですし(⌒‐⌒)

住田町外の人が、山菜・キノコを採ることを原則禁止になった件もそうだと思うのですけど、「マナー無視で取る(盗る)」という行為がイタダケナイわけで。

ちょっと思いつきですが、川の淵に溜まったクルミとか、どうなるのでしょうかねぇ?

歯切れが悪いコメントですみません¢(..)
Posted by happyisland at 2005年09月23日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

オニグルミ
Excerpt: 昨日に引き続き、今日も関東地方は曇りがちの はっきりしないお天気です。 暑さ寒さも彼岸まで とはよく言ったもので、 昨日の彼岸の入りと今日と、涼しくて助かっています。 涼しいので気分良く、今日も公園を..
Weblog: 公園おさんぽ日記
Tracked: 2005-09-21 16:18

アカネズミ
Excerpt: 体長 12cm内外 分布 日本 Old World Woods Mouse ほ乳類 げっ歯目 ネズミ科 Apodemus speciosus 画像元 みんなの動物園図鑑
Weblog: 日々動物雑学
Tracked: 2005-11-02 17:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。