2005年09月05日

爽秋の候、物見山へ

■まさに、天高く空気の澄んだ物見山の秋。レンゲツツジが咲き誇る初夏の派手さこそないですが、秋の物見山も格別です。

山頂を望む.jpg

■物見山直下、賢治の作品にちなんで「モナドノックス」とも呼ばれる突き出した岩。初夏にはレンゲツツジが目立った場所でも、秋にはススキが風にそよぎます。

モナドノックス_秋.jpg


■こちらは、親子遠足の一コマ。お父さんお母さんと一緒なら、小さなボクだって物見山まで登れるよ。

親子遠足の一コマ.jpg


■山頂まで続く道。物見山山頂までは、比較的緩やかです。

山頂へ.jpg


■物見山レーダーの頭上には、ツバメの仲間が飛び交っていました。この後に物見山を包んだ強い雨足を告げていたかのよう。

物見山レーダー.jpg


■夕暮れ時、物見山山頂付近から江刺、水沢方面を望んで。織りなす山並みは雄大なアコーディオン。

夕暮れの物見山より.jpg


※秋の空は変わりやすい。近頃は、天候が不安定でもあります。物見山へお越しの際には雨具をお忘れ無く。

【本ブログ内の関連記事】
■種山ヶ原森林公園のみどころ>物見山
■最新情報>レンゲツツジが満開です
■最新情報>天の境目

◎トラックバック・ピープル:いわてっこ



posted by happyisland at 23:20| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。