2005年07月29日

多彩な森

森の多彩な表情との出逢い

■種山ヶ原森林公園には、雑木林(落葉広葉樹林)をはじめ、人が植えて手入れをした森(人工林)など、様々な表情を持つ森林が一同に会しています。
■山から沢まで、多様な環境が広がることも特徴の一つです。

various forests.jpg
【クリックすると拡大します】

多様な森と環境

木漏れ日の溢れる雑木林(左上)、新緑の眩しいカラマツ林(中央上)、多くの光が差し込むアカマツ林(右上)、渓流を囲むスギ林(左下)、山の風雨にさらされて縮こまった木々(右下)・・・・森の多彩な表情



■ということは・・・・それぞれの森を住みかとする動植物に出逢えるということ。

birds.jpg
【クリックすると拡大します】

例えば鳥

水辺でさえずるミソサザイやキセキレイ、カラマツ林で木々をたたくアカゲラ。オオルリはどのような環境で見られるかな?
※写真は他所で撮影しましたが、種山の森で確認している鳥たちですm(__)m




■季節の移ろいとともに変わりゆく森の表情。例え同じ森でも、四季を通じて散策する度に新たな発見があります。

seasonal change.jpg
【クリックすると拡大します】

同じ場所でも・・・・

左から右へ、早春、初夏、晩秋の姿。同じ場所でも森の表情が異なる。そんな移ろいを見るのが個人的に好きです。




管理車道沿いの住人たち

■管理車道沿いには、かつて植栽された木々たちが名札を付けて枝葉を広げています。
■人の目を楽しませる木々たちが多いので、管理車道沿いは、森林公園の「穴場」かもしれません。木々の名前を知りたい場合にも重宝させてもらってます。

along manegement road.jpg
【クリックすると拡大します】

管理車道沿いは穴場?

左上:雪が降り積もったかのように花をほころばせるハクウンボク
右上:秋には美味しい実が・・・・ベニヤマボウシ
左下:朱夏を彩るレンゲツツジ
右下:秋には美しいムラサキシキブの実が!



■広い広い種山ヶ原の森で、ぜひぜひ森の多彩な表情を見つけてください!


posted by happyisland at 01:02| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 種山ヶ原森林公園のみどころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。