2005年07月24日

大暑

■暦の上では、二十四節気で言う「大暑」を迎えました。これからが、一年の中でも最も暑い季節。トンボが飛び交い、森にはセミの鳴き声が響きます。
■でもでも、種山の森は高所にあるため、どこか避暑地へ来ているよう。里に遅れて森を彩る紫陽花が、清々しい風を心に運んでくれます。

ezoaji.jpg

■夏の木漏れ日を浴びて、ヤマグワの実が輝いていました。山の幸。

yamaguwa.jpg


■初夏にほころんだ花々は、その時季を終え、実を結ぶ段階へと歩を進めているようです。
■早春の頃、いち早く地面へ顔を出したバイケイソウ。

baikei_spring.jpg
【写真】早春の森。林床を緑に彩るのがバイケイソウでした。ちなみに、毒草なので要注意の植物でもあります。


■背丈を大きく伸ばし、花の時を終えつつあります。

baikei_kago.jpg


■近づいて見ると、この様な感じ。花が梅に似ている姿から「梅」恵草(ばいけいそう)だそうな。

baikei_kagoup.jpg


■ノアザミの花は、もうこんな姿に。旅立ちの時。

azami_kago.jpg



posted by happyisland at 22:11| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。