2005年10月12日

第8回 葉っぱで樹木を見分けよう!

■第8回森の案内人講座を開催しました。今回のテーマは「葉っぱで樹木を見分けよう!」です。

※ちなみに「森の案内人講座」は、住田町の豊かな森を町内外の方々へ伝える目的で、希望者を募って昨年度から始まりました。3年間にわたって講座を受けていただく計画です。自然に興味を持つ魅力的な皆さんが町内から案内人に立候補してくれたおかげで、楽しみながら僕も参加しています(詳細は、おいおい投稿します)。

■講師は、森林総合研究所東北支所の八木貴信博士にお願いしました。

DSCF0006s
【写真】講師の誠実なお人柄のおかけで、とても丁寧に解説いただいた



1 まずは野外実習。自分の分からない樹木の枝を2年分ほど採取。「樹木はモジュール構造を持っていて、毎年毎年新しい枝を積み上げていきます」と八木先生。

 モジュールとは聞き慣れない言葉ですが、木の場合で言えば、一年間に伸びる枝を指すのでしょうか。木の成長のしかたを考えると、母親の枝(前年の枝)に子の枝(今年の枝)が付け加わっていくとも見ることができます。
 葉っぱを落とした冬に、いろいろな種類の木の形を見てください。それぞれに特徴がありますよね?長年にわたる枝の積み重ねが木を形作るとしたら、それぞれの種類で枝の積み重ね方には特徴があります。それは、木を見分ける一つの手がかり。そこで、2年分の枝を採取するように八木先生は薦められました。

 ややこしくなってしまいましたが・・・・八木さん、説明できているでしょうか?



2 野外実習では、落葉広葉樹林(雑木林)、アカマツ林,スギ人工林、カラマツ人工林に育った草木を観察しました。

 「それぞれの森林が持つ『人となり』 が、尾根や谷などの環境だけでなく、人との関わり合いの歴史の中でどのように成り立ってきたのかも併せて考えることが大切ですよ。『人に歴史あり、森にも歴史あり』です」と、八木先生にご説明いただきました。

DSCF0012s
【写真】案内人講座では、住田町で育まれてきた知恵が飛び出す。「フキの葉っぱで柄杓を作り、川の水をよく飲んだものだよ」とは、参加者のSさん。



3 最後は室内実習。自分の図鑑を作ろうと、採取してきた木の種類を確認しながら柵葉を作りました。
DSCF0019s
【写真】みんなで柵葉づくり。葉っぱから種類を見分けるのはなかなか大変・・・・これから何度も新聞紙を取り替えながら、樹木の名前を覚えよう。



※「木の形」についてご興味のある方は、以下の本や文章をご一読してはいかがでしょうか?
 ■一般向け
 八田(1998)『朝日選書599 木の見かた、楽しみ方 ツリーウオッチング入門』朝日新聞社
  ↑八木先生に教えていただきました
 菊沢(1986)『北の国の雑木林 ツリー・ウォッチング入門』蒼樹書房
  ↑良書です(残念ながら絶版ですが、図書館で読めます)
 ■やや専門的
 竹中(2003)「木の形作りと資源獲得」生物科学
  ↑竹中さんのサイトで全文が読めます
 八木(2000)「広葉樹種におけるモジュールの機能分化」日本生態学会誌50,235-250
  ↑八木先生のレビューです


posted by happyisland at 01:00| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 森の案内人講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうだな〜♪

タイトルを見て一番に思いついたのは、
日頃、一方的にお世話になっている
「このきなんのき」
http://www.ne.jp/asahi/blue/woods
というサイトさんでした。
木の名前を調べたことのある人なら
一度はお世話になっている有名なところです。

同じように思う人が 居るんだなぁ。
葉っぱで木を見分けられるようになれたらいいですよねぇ。
道は遠いが頑張るんだ、自分。

ひととおり名前を把握したら、葉っぱの形、葉の付き方、枝の出し方…。
いろんな事に注目して、まだまだ観察を続けていきたいですね。
そうしてもっと木と仲良くなりたいなと思います。

また勉強に来ますね。(^^)/
Posted by はもよう at 2005年10月12日 08:58
はもようさん、コメントをありがとうございます。楽しそうな様子が伝わったならば、とても嬉しいです(^O^)/

「このきなんのき」さん、すごいサイトですよね。僕自身はお願いしたことはありませんが、『葉で見分ける樹木』はフィールドで活用させていただいています。

木の名前をきちんと知りたいですよね。
僕自身はちょっぴり自信があったのですが、この講座で小さな自信も崩壊しました(-.-;)y-~~~ 特に、低木なんかは壊滅的で・・・・修行せねば。

はもようさんにコメントをいただいて、せっかく講座で教えていただいているのだから、ポイントを要約して投稿できればと思い始めました。

ここ数日、アクセス数も伸び始めているんですよ。これも、はもようさんをはじめ、皆さまのお陰です。今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by happyisland at 2005年10月13日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。