2007年01月25日

どんと祭

世田米の愛宕地区で「どんと祭」が行われました。正月飾りを神社の境内で焼き、その火にあたることでその年の健康を祈願するという正月送りの行事です。

 山盛りの正月飾りに火が点火されると、メラメラト勢いよく火が燃え始めました。神聖な行事なのでしょうが、夏に森の案内にの方が準備してくれた大掛かりなキャンプファイヤーを思い出しました。

天までとどく炎

正月飾りに点火

 火を見つめていると、心がウキウキして、不思議な魅力に引き込まれていきます。暗闇の中での、幻想的なひと時でした。

 最後は、消防団の方々が土をかけて鎮火しました。

消防団が鎮火
posted by うめっち at 18:30| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は私はニアミスでした。いや〜炎が美しいねぇ〜。来年はかならず現場をおさえます(笑)
Posted by 大和魂 at 2007年01月30日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。