2006年12月18日

アカマツを探してみると・・・・

■先日の記事で、アカマツについてのコメントをはもようさんからいただきましたm(__)m
■「そう言われてみると、アカマツに気をつけて山を歩いたことって少ないな・・・・」と考え、町内の山を回った機会にアカマツを探してみました。

■まずは、スギの植林地にて。

スギの植林地にて
▲皆伐跡地に5年前にスギを植栽した場所です。陽が燦々と当たります。砕かれた岩の間から顔を覗かせているのは・・・・

健気なアカマツ
▲アカマツの子供たちが顔を覗かせています。スギが伐られて裸地になってから芽ばえたのでしょう。

ちょっぴり大きなアカマツも・・・・
▲周りを探すと、背丈を伸ばしたアカマツも見つかりました。

りすが!
▲おっ!残されたアカマツの脇で動物の気配が・・・・分かりますか?ニホンリスに出逢いました(^^)/ こんな開けた場所にいて、大丈夫なのでしょうか?

森のエビフライ
▲リスとアカマツと言えば・・・・「森のエビフライ」ですね。これは、リスがアカマツの松ぼっくりを食べた跡です。3/11に撮影。

※今日は疲れたので、続きはまた次回に・・・・m(__)m
ラベル:アカマツ
posted by happyisland at 01:20| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
happyislandさん、こんばんは。
こちらカントウは季節はずれの大雨です。
真夏のような 強い雨がずっと降り続いています。

アカマツに気をつけながら見回ってくださったんですね。
風とお日様が好きなんでしょう?
こちらでは高速道路を移動中などに、
山の尾根筋に並ぶアカマツを良く見ますよ。
峠の一本松も、たぶんアカマツですよね。
こちらでもよく見かける木で、公園でも
一抱えもある大きな木が目立ちます。
赤みを帯びたその樹皮の様子を覚えれば、見分けやすい木の一つですよね。(^^)

ニホンリスちゃん、可愛いですね。私もリスのエビフライを拾いたいな。
Posted by はもよう at 2006年12月26日 21:29
*はもようさん*

コメントをありがとうございます。年を越してしまってすみませんでした。

アカマツについて、いろいろな本で少しずつ調べています。とても面白いです。特に、かつてから人との関係の深い木のようです。

リスは可愛いでしょう?はもようさんも今年こそはこちらの現地にお越し下さいm(__)m

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by happyisland at 2007年01月01日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。