2006年12月14日

篠竹でザル作り (1)

11月中旬から、篠竹の竹細工を習い始めました。

 住田町の「上有住(カミアリス)地区伝統的生活技術を伝える会」の事業によるものです。生徒は、私と森の案内人講座を受けているKさんの二人。先生は、まもなく八十に手が届くジロウ先生です。

 篠竹は、イネ科メダケ属で、多年生常緑笹のアズマネザサ(東根笹)。竹に比べて背が低く、節と節の間の「稈(カン)」が細く長く、成長後も竹の皮が残るタケササ類です。住田町では、竹細工というとこの篠竹が使われます。山の中に生えていると聞きますが、まだ見たことがありません。
 
 毎回、ジロウ先生の自宅の工房で教わっています。篠竹をザル作り用に先生が加工し、準備しておいてくださいます。 竹細工初心者の私達は、ザルを作るための竹の編み方に集中です。
 
篠竹を割る
  
 ザルは、底から三回編み方を変えながら、編み上げていきます。 先生の手つきを見ていると簡単にそうに見えるのですが、いざやってみると、思うようにいきません。kさんと「あれっ?あれっ?」と言いながら、四苦八苦。
 
底を編む あじろまわし ふじ編み

 ジロウ先生に、「竹にごまかされるな〜。」と言われるけれど、ごまかされ、遊ばれ、先生に笑われてばかり。それでも、なんとか先生の助けを借りながら、初めての作品ができました。

完成品-上から 完成品-横から

 ジロウ先生のお言葉:一般的な竹細工は、竹の外を取って中身を使う。
           篠竹は、中味を取って、皮を使う。
posted by うめっち at 18:16| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
*うめっちさん*

手前ミソ的だけど、一枚目の写真は本当に素晴らしいねぇ・・・・ほれぼれしてしまいました。すごく雰囲気が出ているし、柔らかな光の差し込み方もワンダフルだよねぇ(~~)

作る過程の写真も、ある意味幾何学的で、とても素敵だと思ってしまった。

先輩方の持つ技術って、本当にすごい!!
Posted by happyisland at 2006年12月14日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29620706
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。