2006年10月22日

秋の色々

■秋です。日に日に木々たちが色づくこの時季が大好きです。毎日、同じ風景を見つめていると、あっという間に変わりゆく「色」に驚きます。
■種山の森でも、様々な種類の果実にたくさんの色を見つけることができますよ。

秋の色々
【クリックすると拡大します】

■今年は総じて、木々たちの実りは不作なのですけど・・・・

■最近、古の人々が生み出した「色」に興味を持ち始めました。
■例えば「朽葉色(くちばいろ)」。下記の本によると、同じ朽葉色にも「朽葉四十八色」と呼ばれるほど様々な種類があって、「赤朽葉」、「黄朽葉」、「青朽葉」など、種々の色で落とされた朽葉に名をあてたようです。

■そういえば、種山への道すがら、いつも気になるカツラの大木も、黄色に染めた葉を落とし、黄朽葉が川に流されていきます。

s061015.jpg

■秋は、何となく焦る時季でもあるのですよね。長ける秋に、今年の自分を重ねたりして。
■そんなこんなで、久々にブログを更新しました(^_^;

すぐわかる日本の伝統色すぐわかる日本の伝統色
福田 邦夫

日本の色辞典 かさねの色目―平安の配彩美 和みの百色―日本の四季を彩る すぐわかる日本の伝統文様―名品で楽しむ文様の文化 コンパクト版 色の歴史手帖―日本の伝統色十二カ月

by G-Tools



ラベル: カツラ
posted by happyisland at 00:58| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
happyislandさん、ごぶさた〜(^^)ノ
久々の更新♪と思ったら、連続投稿ですね。よしよし。(*^^)
秋の色、いろいろですね。
ほんとにこういうデザインが上手ね〜。密かに…プロなんじゃないかと思うほど。

いろいろは…コブシ、ヌルデかな、カエデ、トチの実、もしやハクウンボク、
ノブドウ、アジサイっぽい?、アオハダ、栗…でも葉っぱは違うねぇ、エゴの実、
白いのなんだろ?、瑠璃色はサワフタギ、赤いのはなんだろ、カマツカかな?、
たわわに下がる赤いのは…わかんない、ムラサキシキブ?、最後はツリバナかな
…な〜んてにらめっこしちゃいました。(^^;)豊かな種山の森がうらやましいです。

でもこれから、一足早く寒くなるんですよね。
happyislandさんをはじめ、執筆者の皆様、お体を大切に♪
お暇が出来たらまた、楽しいお話聞かせてくださいね。
Posted by はもよう at 2006年10月24日 00:14
*はもようさま*

コメントをありがとうございます。

秋の色はいろいろですよね。デザインをお褒めいただいて嬉しいです!散策会で使った道具をそのままブログに載せてしまいました(^^;)

さすが!実の種類が気になりますよね。答えは追々書きますね。

こちらは朝晩、随分と冷え込むようになりました。はもようさんもお体をお大切にお過ごし下さい。僕はかなりグロッキー気味で・・・・
Posted by happyisland at 2006年10月26日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。