2006年09月21日

落とし物の張本人

■種山の森を歩きながら、ちょっぴり地面に気を配ると・・・・きれいに2つに割れた「殻」を見つけることがあります。
■見つける確率は本当に高くて、今年も幾度となく出会いました。

2つに割れた実.jpg

2つに割れた殻.jpg

■この殻は、オニグルミのもの。そう、あの「クルミ」です。市販されているものは、中国産が多いようですが、オニグルミも立派なクルミが実ります

オニグルミの実.jpg
▲今年の8月26日に撮影したオニグルミの実。たわわに実をつけます。この中にクルミの殻が入っています。

■しかし・・・・割れた殻には、食べられる肝心の「実」の部分がありません。
■これは、ある動物が食べた痕跡。フィールドサインと呼ばれ、2つに割れたオニグルミの殻は、ある動物が森に暮らす証拠です。

■「いるんだなぁ、見たいなぁ」と常々思っていたのですが、ついにその動物を観察しました!

ニホンリス

ニホンリス

■その動物とは「リス」です。ついに出逢うことができました!

■行動を観察すると、幾度となく木の枝を行き来しながら、オニグルミの実を運んでいました。
■下記の参考書によると、ニホンリスは、2から7個の巣を持つそうです。オニグルミは巣に運ばれていたのか・・・・?冬に備えて貯食するのか・・・・?

■上の写真は、ニホンリスが緑色の果実の部分(外果皮と中果皮)をかじっているところです。その姿に2つほど、疑問が浮かびました。

■まずは、この時季のオニグルミの実を食べるのか?まだクルミは熟していなくて、食する部分は「白い」はず。
■ただ昨年、熟する前の白い実をおやつにしていたと、案内人のおじさまに教えていただきました。調べてみると、血中のコレステロールを下げる働きがあることも知りました。
■リスはこのまま殻を2つに割って、実を食べるのかしら?

■また昔の遊びで、オニグルミの緑色の果実の部分を「毒流し」に使ったと聞いたことがあります。川の止水に流すと、しびれた(?)魚が浮かび上がるそうです(※今は禁止のハズですが)。
■ということは・・・・緑色の部分はあまり体によくなさそうですよね。かじった跡を見かけることも多いから、食べてはいないのだろうな。

オニグルミがかじられた跡
▲クルミの実の外側(緑色の部分)がかじられた跡。その周りには、割られた殻があります

■わざわざ果実をかじって殻を出すということは・・・・熟す前の実を食べて、コレステロールを下げているの?まぁ、意識しているわけではもちろん無いのでしょうけど(^^;)

■何はともあれ、やっとリスに出逢えて感動しましたヽ(^。^)丿
■想像から現実へ。予期せぬ出逢いがあるから、同じフィールドに何度も足を運ぶことは、本当に楽しいのですよ。


【本ブログ内のフィールドサインに関する記事】
■自然のしくみ>(05/09/18)オニグルミのゆくえ
■自然のしくみ>(06/03/25)動物のフンの見分け方


◎フィールドサインに関する本をご紹介(再掲)


今泉 忠明, 平野 めぐみ / 東京堂出版(2004/03)

■森林インストラクターであるnekogusuさんに教えていただきました。■「事典」という名のとおり、自然をより深く楽しむための知識や、フィールドに残された動物の痕跡がとても詳しく書かれています。絵もふんだんに載っているので、「事典」と言えど、取っつきやすい。■大きさゆえ、フィールドに持ち歩くというよりも、一つ一つ読み切りで項目立てされた解説を、家でじっくり読み進むことになりそう。■内容はかなりマニアック(?)なので、野生動物について詳しく知りたい方にオススメです!




小宮 輝之 / 学習研究社(2004/03)

■野外で見つけた足あと、ふん、食べあとなどから、この場所にどのような動物たちが暮らしているのか、知りたいと思ったことはありませんか?■本書は、書店で本棚を物色した際に見つけました。この手の本って、ネットの検索ではなかなか見つからなくて・・・・■子供向けに書かれたであろう図鑑とあって、簡潔な解説に数多くの写真が掲載されています。■裏表紙に印刷されたスケールも憎い。大きさもコンパクトで、野外に持ち出し重宝しそうです。



※種山の森がきっかけで教えていただいた本は、ふみぐら@種山ヶ原にまとめています。
(現在、119冊収集)
posted by happyisland at 01:11| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24099893
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。