2006年03月16日

炭焼き体験講座

■去る3月4日〜5日にかけて、住田町大股地区で炭焼き体験講座が開催されました。ちなみに大股地区は、かつて炭焼きがとても盛んだった場所。種山ヶ原森林公園も大股地区に含まれます。

■舞台は、地域の皆さんの手で旧小学校の校庭に作った炭窯。そして、地域の皆さんの笑顔が、遠くは首都圏からお越しいただいた参加者をお迎えしました。

炭窯.jpg

■炭焼きを生業としていた地元の達人と、明確な目的を持って参加してくださった皆さんとの相乗効果で、本当に楽しく素晴らしい時間を過ごさせていただきましたよ(n_n)v

■本サイトでもご紹介するはずが・・・・すっかり遅れてしまいました。
■が、しかし!下記のサイトで、炭焼き体験講座の模様をご紹介いただいています。ぜひぜひ、ご覧下さい!

◎LJ21事務局ドタバタ日記
 -> 炭焼きツアー、無事に終了!
 -> 炭焼きレポートその2 春を食べた!

 ※LJ21さんには、森の案内人たちの熱い交流の記事でも、森の案内人講座をご紹介いただいておりますm(__)m 食や農について、これだけ良質な情報を提供しているブログは数少ないと思いますので、ぜひぜひご訪問下さい(^o^)/


◎SUMITA好いネット管理人の日記
 -> 大股の炭焼き体験ツアーその@
 -> 大股の炭焼き体験ツアーそのA
 -> 大股の炭焼き体験ツアーそのB

 ※「SUMITA好いネット」とは、住田町の地域資源を活かし持続可能なまちづくりを目指そうと立ち上がったG・Tテグムの会の皆さんが、会の活動や町内の魅力的な情報を町外に伝え交流する手段として作成しているホームページです。住田町の新たな期待の星\(^O^) 当サイトでもHPにリンクさせていただきましたm(__)m

■炭焼き講座の様子をほんの少し・・・・

窯出しs.jpg
【写真】窯から炭を出して

窯の中で説明s.jpg
【写真】窯の中で、地元の達人が説明。しみじみ「経験」の力はすごいと実感しました!ちなみに天井は、5cmくらいの厚さしかないそうです

窯詰めs.jpg
【写真】こんなにぎっしりと窯の中へ材をつめます。ミズナラやコナラが主体

蒸しs.jpg
【写真】窯の中の材を蒸し始めたところ

伐採体験s.jpg
【写真】2日目は、薪炭林の伐採体験もしました

炭俵作りs.jpg
【写真】こちらは炭俵作り。それにしても、地域の方々の器用さといったら!現代の便利さを考えさせられました・・・・

■本ブログでも、炭焼き体験を別の切り口で紹介させていただく予定です。
いつの日にか(^-^;



posted by happyisland at 01:37| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

薪割り機
Excerpt: 白炭 炭焼きも終わりに近ずいてきた あと3窯で今年は終わりにしようと思う 最後は竹炭の止め窯で終わりなんだが 材料がたりないで近くの欅など伐採した どうもこいつは太すぎるもんで割らな..
Weblog: ザ‘‘信州ダッシュ
Tracked: 2006-03-25 00:13

椿の炭焼き
Excerpt: 木炭には長い歴史があり、古くから庶民に愛され、使用されてきた。 我、伊豆大島においても、後継者不足など様々な問題を抱えながら、いくつかの炭窯で、現在も椿、桜、ハンノ木等の炭が焼かれている。 木..
Weblog: 伊豆大島【椿の花工房】
Tracked: 2006-03-27 17:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。