2006年03月09日

鞍掛山雪上散策

2月末のある日、鞍掛山に行って来ました。

さっそく、ノウサギの食痕らしきものを発見。

ウサギ食痕1.jpg
ウサギ食痕2.jpg

ノウサギは歯が鋭いので、枝を食べた痕は刃物で切ったような切断面になるとのこと。
確かに、見つけた枝の切り口も、スッパリと切れています。

そして、周りを見渡すと動かぬ証拠がありました。
それは、ノウサギの糞!

ウサギ糞.jpg
↑丸くてコロコロしてるのが特徴です

雪上散策の楽しみはフィールドサインだけではない!
同行のHさんに面白い葉痕や冬芽を教えてもらいました。

ウルシ.jpg
ウルシの葉痕がピンクのハートに・・・見えますよね?
夏にはかぶれを気にする困りものだったのに、こんなかわいい一面もあったんですね。

そして、ホオノキの冬芽。

ホオノキ1.jpg
ホオノキ2.jpg
空を見上げるようなホオノキの冬芽が好きなんですが、ちょっと失礼して中を覗いてみると・・・
芽鱗の中には、びっしりと毛に覆われた小さな葉っぱ。
毛皮を着込んで、春を待っていたんだね。(それなのに、私達が〜。)

そうこうしている間に、山頂に到着。
山頂からは岩手山が眼前に迫ります。

冬の岩手山.jpg

帰路は、カモシカの足跡に寄り道などしつつも、斜面を見つけてはお尻で滑降!
いい大人二人なんですけどね、これが楽しいんだ。
この冬、「子どもに戻ったもん勝ちじゃ」と学んだnekogusuでした。

カモシカ.jpg

<参考にした本>
「野生動物観察事典」今泉忠明著(東京堂出版)
「哺乳類による森林被害ウォッチング」((財)林業科学技術振興所)


posted by nekogusu at 11:05| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 県北のフィールドから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
ネタかぶりに気をつけよう!
こちらのピンクハートの方が良く撮れていたよ。

岩手山に薄っすらかかる雲がいいねぇ。
Posted by ハラブトガラス at 2006年03月09日 23:01
ハラブトガラス様
鞍掛山は気持ちが良かったですね。
同じところに行っても視点が違う物だなぁとブログを拝見して思いました。
Posted by nekogusu at 2006年03月12日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。