2006年11月30日

本・DVDの紹介「種山ヶ原の夜」

■ずぅ〜っとご紹介したかった本とDVDです(^O^)/


宮沢 賢治, 男鹿 和雄 / スタジオジブリ




/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント(2006/07/07)


※公式サイトはこちらです。

■もともと宮沢賢治の「種山ヶ原の夜」は、劇のために書かれた脚本形式の作品です。観劇できれば良いのですが、台詞が繰り返される本は取っつきにくいと思っていました。
■ご紹介させていただいた本とDVDは、賢治作品「種山ヶ原の夜」を土台に、男鹿和雄さんが絵と文で親しみやすく現代に蘇らせてくれた絵本(DVDは紙芝居形式)となっています。

■「種山ヶ原の夜」という作品に、新たな命が吹き込まれた印象を受けました。

■個人的にとても感動したのは、種山ヶ原を巡って見聞きした世界が、絵本やDVDに溢れていたことです。
■異空間に迷い込んだかのような種山ヶ原の雰囲気、種山の麓で炭焼きを生業としていたお爺さまのお話、人と自然が暮らしを通じて密接だった頃に広がっていたであろう世界。「種山ヶ原の夜」という<物語>が持つ力はすごいのですねぇ。

■絵も素敵なのです。特にも、絵本の途中で見開きになる種山の風景画には、「あぁ、種山ヶ原だ!」と見入ってしまいました。
■このブログでは、種山の写真を紹介していますが、写真って、明確すぎてイメージが限定されてしまうのですよね。絵には、想像を働かすための余白がある。絵って、すごいです。

■DVDは、紙芝居風に絵が移り変わり、岩手の言葉で作品が語られていきます。
■土地の言葉には雰囲気があります。この「音」とともに作品を楽しむこともまた格別だと思います。
※先に開催した森の案内人講座で、お招きしたU先生にDVDをご紹介いただきました。講座参加者の地元の方も、岩手の言葉で進む作品に「半分くらいしか分からなかった・・・・」という人もいましたが・・・・(^_^; ちなみに字幕付きバージョンもあります。

【続きを読む】
posted by happyisland at 23:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

イベント:布草履作り体験&ふるさとの食作り体験

住田町のぬくもりを体験しよう!
かま餅づくり…布ぞうり。
あなたも田舎のぬくもりを作ってみませんか?
ちょっとお洒落な布ぞうり素朴な郷土の味、かま餅おふくろの味の汁物

■イベントの情報です。
■住田町で地域づくりやグリーンツーリズムを進める「もさばロハス倶楽部」さんでイベントが企画されています。
■イベントの詳細や申込み方法は、コチラ(ホームページ)orコチラ(ブログ)をご覧下さい!



 素朴で懐かしい味のかま餅と、ちょっとお洒落に布を使ったぞうり作りを体験できます。伝統的なふるさとの味、民芸品づくりを体験したい方大募集中です!もちろん初心者、お子様(11歳以上)大歓迎です!

○ 日時:12月10日(日)
 ★食の体験(かま餅づくりと郷土の汁物作りの体験)10:00〜12:00
 ★民芸品づくりの体験(布ぞうり作りの体験)13:00〜15:30 
○ 会場:上有住地区公民館(住田町役場上有住支所)
○ 講師:上有住地区の皆様
○ 体験料
 ★食の体験1000円(材料費・講師料含む)
 ★民芸品作りの体験2000円(ぞうり用ロープ代・講師料含む)

参加するには?
○ 定員 
 ★食の体験:20名(最少催行人数10名)
 ★布草履作り体験:20名(最少催行人数12名)
○ 締め切り12月1日



■締め切りが迫っていますので、申込みはお早めに!
※掲載が遅れてすみませんm(__)m
タグ:イベント
posted by happyisland at 23:57| 岩手 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しるし

■久しぶりに実家へ帰省した。
■午前0時を過ぎても駅のホームには人が溢れる。いつの間にか、4本の高層マンションが空へ突き出している。青空だってくすんでいる。でも、やはり、何とはなく懐かしい。

■実家の門を抜け、真っ直ぐに進むと小学校へ突き当たる。歩いて数分の距離。僕の通った小学校だ。
■岩手の山々の落葉樹たちは、すっかり冬支度をしていたのに、小学校のケヤキやサクラは秋色の葉をまとっている。
■季節の違いを実感しながら、かつてよく遊んだ校門の奥へと視線を移す。ちょっぴり、ギョッとした。
■子供たちの遊ぶ姿は昔のまま。しかし、子供たちを見守る視線が一つ増えている。周囲に目を配るガードマンのおじさん、である。
■「仕方が無いのかな・・・・子供たちはどう思うんだろうな・・・・すっかり当たり前なのかな・・・・」とひとりごちながら、校門から実家に続く道へと入った。

続きを読む
posted by happyisland at 23:25| 岩手 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿者のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

ホタルブクロ


 そのまっ黒な、松や楢の林を越えると、俄かにがらんと空がひらけて、天の川がしらしらと南から北へ亘ってゐるのが見え、また頂の、天気輪の柱も見わけられたのでした。つりがねさうか野ぎくかの花が、そこらいちめんに、夢の中からでも薫りだしたといふやうに咲き、鳥が一疋、丘の上を鳴き続けながら通って行きました。
[銀河鉄道の夜]より



ホタルブクロを見上げて


【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:51| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 賢治が紡いだ花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

物見山山頂から山々を見渡す

物見山山頂

■吸い込まれそうな青空。今日の種山は、本当に良い天気でした。
■「こんな日は・・・・物見山へ行くしかないだろう!」ということで、案内人のおじさまと物見山からの眺望を楽しみました。

■全国にはいくつの「物見山」という名の山があるのでしょう?その名の通り、種山のてっぺんである物見山山頂(871m)からは、360度の大パノラマが広がります。

■たくさんの山が見渡せましたよ(^^)V とくとご覧あれ!

物見山から広がる世界

【クリックして続きを読む〜物見山から見渡せる山々とは?】
タグ:物見山
posted by happyisland at 23:38| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うめばちそう


「(中略)ね、ごらん、こっちのうめばちそうなどはまるで虹のようだよ。むくむく虹が湧いてるようだよ。ああそうだ、ダイヤモンドの露が一つぶはいってるんだ。」
 ほんとうにそのうめばちそうは、ぷりりぷりりふるえていましたので、その花の中の一つぶのダイヤモンドは、まるで叫び出す位に橙や緑や美しくかがやき、うめばちそうの花びらにチカチカ映って云うようもなく立派でした。
[十力の金剛石]より



うめばちそう


【クリックして続きを読む】
posted by happyisland at 00:30| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 賢治が紡いだ花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

イベント:クリスマスツリー作り&冬の散策会

■イベントの情報ですm(__)m
遊林ランド種山さんで、冬ならではの2つのイベントが企画されています。

その1:「クリスマスツリーを作ろう!」
○ 日 時:12月2日(土)10:00〜14:00
○ 会 場:遊林ランド種山 (地図はコチラ
○ 講 師:フラワーデザイナー 菊池 美輝さん
○ 受講料:4,000円(材料費、昼食代、入浴料込み)

可愛いツリーを手作りで
▲クリックすると拡大します。詳細をご覧下さい。

その2:「種山ヶ原森林公園散策会・冬」
○ 日  時:12月15日(金) 10:00〜15:00
○ 集合場所:遊林ランド種山 (地図はコチラ
○ 持 ち 物:飲み物、雨具(カッパなど)、タオル、着替えなど
○ 服装:散策のできる服装(防寒具、厚手の靴下、手袋など)
○ 参加費:2,000円(昼食代、入浴料、フィールド保険料込み)

冬の種山の森を歩きましょう!
▲クリックすると拡大します。詳細をご覧下さい。

■最初の「クリスマスツリー作り」は、講師の人にサンプルを見せていただきました。とても可愛くて、素敵でしたよ。
■フラワーデザインの方法を応用するそうで、初心者の方でも大丈夫だそうです。

■「冬の散策会」は、森の案内人のおじさまと一緒に、冬の種山の森を歩く企画です。
■冬の森って、寒いですけど、僕は大好きです。張りつめた空気に耳を澄ますと、無音の音が聞こえてきそうです。心まで透明になる気がします。
■晴れるといいですね!

■ふるってご参加下さい(^o^)/
タグ:イベント
posted by happyisland at 00:20| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

サワグルミの歴史

■「サワグルミ」という木をご存じですか?うちの町では「カァグルミ」とも呼ばれています。
■カァグルミの「カァ」とは川の略なのでしょう。その名の通り、沢沿いで数多くのサワグルミと出逢えます。種山の森でも例外ではありません。

■サワグルミを見上げると、すくっと幹を伸ばして立つ姿に、ついつい自分の背筋も伸ばしてしまいます。

開葉の頃

川に寄り添って

秋に向かう頃の姿

■さてさて上の写真は、町内の様々な場所で撮ったものです。共通する「姿」にお気づきでしょうか?
■おまけで、種山の森の写真を。

サワグルミの幹

サワグルミの幹

■そう、同じ場所から数本の幹を立ち上げているのです。
■実は・・・・この姿から、サワグルミの歴史が偲ばれるのですよね(^^)

【サワグルミの歴史とは?〜クリックして続きを読む】
タグ:サワグルミ
posted by happyisland at 23:52| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの中の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

11月3日ヤーコンに出会う!!

私は、4月10日から種山ヶ原森林公園のある住田町に研修に来ました。一年間、農山村で地域にどっぷり浸かる生活が、研修の目的です。
 小さな畑を貸してもらい、サツマイモを掘っていたら、隣の畑の方々から、「お茶っこどうぞ」と呼ばれました。
 隣の畑では、ヤーコンの収穫の真っ最中!!
作業風景

 ヤーコンは、南米高地原産の菊科の多年生草木です。地中に塊根と塊茎の二種類の栄養器官を作って、塊根は食用に、塊茎は繁殖用(苗)に利用されます。芋(塊根)は水分が多く、シャキッとした食感とほんのりとした甘みを持ち、古代インカでは果物のように使われていたそうです。

 私は、ヤーコンが大根のようになると思っていました。
 ところがビックリ!!葉は、空に向かって青々とまっすぐに茂り、実は、地下にサツマイモのようになるんです。切ると、みずみずしくて、サクサクっという音がします。
〓[〓〓1.jpg〓[〓〓2.jpg

 透明感があり、ふっくらと尊長くなっているものは、商品価値が高いそうです。割れているものは、商品価値が下がります。味には支障がないのに、本当に残念なことです。ヤーコンに限らず、私達がスーパーで買うものは、味、見栄えをよくするために、かなり手をかけた贅沢品なのだと感じました。

 ところで、このヤーコンは掘ってすぐは甘味が少ないそうです。日陰で一ヶ月ほど干すと、甘味が出て、サラダやレモン煮、きん造らや煮物に最適なのだとか。その報告は、また後ほど。

 住田は、紅葉が真っ盛りです。美しい景色を見渡せる余裕ができたのは、作業も終わりに其造いた頃でした。それまでは、初めて見るヤーコンに夢中だったようです。

畑からの風景

posted by うめっち at 17:55| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 風のたより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。